グラフのPG作成時にお世話になった記事たち

先日公開した、温度及び湿度、気圧のグラフを作る際にお世話になった記事を載せておきます。

1.SQLite検索時のエラー対処
 このエラー何言ってんのか、さっぱり分からなくて混乱していたんですけど、このページのおかげであっさり解決しました。

PythonのSQLiteで検索するとIncorrect number of bindings supplied. The current statement uses 1, 10 supplied.と表示される

60爺が混乱した箇所
誤)for row in cursor.execute( select_sql , (date_string_output) ):
正)for row in cursor.execute( select_sql , (date_string_output,) ):

最後に、「,」が必須です。
2.グラフ作成時の参考
 グラフ選定に時間がかかりましたが、このページを見てやってみようという気になりました。実際、HTMLを作成して、グラフが出せるものをベースにして、プログラムに取り入れました。うまくいってよかったです。

Rapsberry Piで気温のログ+Google Chartsでグラフ化
前回の記事の中でも言いましたが、60爺から、プログラムを一から作成する皆さんに忠告です。まず、HTMLで確実にグラフを表示できることを確認しましょう。その確認が終わった後に、プログラムに反映する手順を取った方が、早いし確実です。
3.日付の加工
 DBから100件程度を取り出すためにあれこれ考えました。なかなかうまくいかず、結局、日付をベースに2日前から以降のデータを取り出すことに決定。その際、日付の取り込みや、1日前の例があったので助かりました。

日付の加算 減算 timedelta

今回のプログラムでは、次のようにしています。
# 本日の日付を取得
date_format = '%Y-%m-%d %H:%M:%S'
d = datetime.datetime.today()

# 現時点より10日前の日付を取得 
d -= datetime.timedelta(days = 10)
date_string_output = d.strftime(date_format)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です