デアゴスティーニ ロビ2の製作part4 13号~16号 部品が不足で製作中断!

シェアする

Pocket

デアゴスティーニ ロビ2製作ですが、今号では、ちょっとしたトラブルが発生しました。

ロビ2の製作part4

60爺のロビ2の製作も part4 を迎えました。

週刊ロビ2 13号~18号

価格:11,988円
(2017/10/9 13:18時点)
感想(0件)

13号:左前腕を組み立てる

13号の製作です。13号では、「ロボットと科学の未来」クリエイティブに興味を持つきっかけは幼少期の体験で、ジェイク・ダイソン氏(後編)との対談です。「ロビ・メカニズム辞典」№4として、サーボモーターの説明が載っております。

レギュラーの「開発ガイド」、「にっぽんロビさんぽ」№13菓子屋横丁(埼玉県)は、いつもどおりです。埼玉県、早くも2回目のような気がします。

問題発生!

13号を作成しようとしましたが、な、なんと、部品が不足しています。サーボケーブル(70mm)が入っていません。どうやら、この部品は、14号で使用するようですが、どちらにしても、製作は一時止めて、部品をそろえましょう。

60爺は、「朗読社」から購入しておりますので、まず、メールを打ちました。
株式会社朗読社様

お世話になります。
XXと申します。

現在、「週刊ロビ2 13号~18号」を注文しており、16号まで受領済です。
本日、13号から組み立てに入ろうとしましたが、パーツの一つが入っていないため、

組み立てを中止しました。
足りないパーツは、サーボケーブル(70mm)です。

13号を返送しますので、パーツの揃ったものに交換して欲しいと思います。

とりあえず、メールで結構ですので、ご返事ください。
それを期に、13号を返送します。

よろしくお願いします。

翌日、早々に返事が帰ってきました。

XXXXXXX様

いつもご利用頂きまして、誠にありがとうございます。

朗読社のYYYYと申します。

ご連絡ありがとうございます。

デアゴスティーニジャパンの商品の初期不良やパーツ不足につきましては、
お客様の方から直接デアゴスティーニジャパンに問い合わせて頂く必要が
ございます。

大変お手数なのですが、下記デアゴスティーニお客様サポートセンターに
ご連絡を取って頂いても宜しいでしょうか?

◆お客様サポートセンター◆ 電話:0570-008-109 (営業時間:月~金
10:00~18:00 ※祝祭日を除く)

この度は大変お手数とご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございま
せん。

販売している側では対処できないので、「お客様の方から直接デアゴスティーニジャパンに問い合わせて頂く」んですって。

うーん。大丈夫でしょうか。仕方がないので、またまた翌日、「デアゴスティーニジャパンお客様サポートセンター」に電話をしました。状況を話すと、先方は平謝りで、早々に部品の送付手続きをするとの回答です。ほっとしました。ただ、そうならないようにはするが、最遅二週間かかる場合があるとのこと・・。まあ、仕方がないですねと答えざるを得ないです。
で、会社で、この話をしたら、部品の不足は間々あるようで、デアゴスティーニ側も、それを含んだ価格設定をしているのではなどと言う話が出てきました。なんにせよ、こちらに落ち度があったわけでもなく、電話1本で不足部品の送付手続きが取られたので良かったです。

さて、数日後、お詫びの文書と共に、パーツが届きました。

製作再開

不足部品を含めた13号のパーツです。左親指(白の部品)、指ホルダー、左前腕フレーム、M2×8mmなべネジ4と、今回送ってもらったサーボケーブルです。

今回は、左前腕フレーム(右端の部品)に、左親指と、指ホルダーをネジで止めるだけの簡単な製作です。これは、右腕で同様の作業をしているため、親指の取付けにも何ら、問題が無く、短時間で製作できました。
前述したとおり、今回、送付してもらったサーボケーブル(70mm)は、次号での使用となり、持越しとなります。

14号:サーボモーターにID番号を書き込み、左前腕に取り付ける

今号も、ロビ・メカニズム辞典№5が載っておりまして、ロビが名前を呼ぶ仕組み(ロビに名前を登録する方法、人の顔を見つけてからロビが名前を呼ぶまで、ロビが呼べる名前に限りがある理由)が載っています。
レギュラー「開発ガイド」、「にっぽんロビさんぽ」№14特別史跡旧閑谷学校(またもや60爺の知らないところ・・)です。

パーツは、サーボモータ1個のみです。

前回、製作した腕にサーボモータを仕込むので、前回製作の部品と、サーボケーブル(70mm)を使用します。サーボモータのチェックをするため、本体に仕込まれた部品を使うので、ロビ君も登場です。

今回は、テストボードへのサーボモータの接続が甘く、点滅するはずが、点灯してしまった状況が起こりましたが、コネクタ接続を確認したところ、問題クリアしました。出来上がった部品がこれ。

15号:左前腕を完成させる

「ロボットと未来の科学」ロボットのキャラクターと作品づくりのこだわりで、メディアアーティストの落合陽一氏の対談(前編)です。また、「ロビ・メカニズム辞典」№6は、サーボモータのスペックが載っています。サイズ 19.5 × 35.8 × 25.0mm、重量19g、出力トルク5kgf・cm、回転速度0.16sec/60度、動作角度300度、使用電圧範囲6.0-8.4Vです。今号では、使用のひとつ、出力トルクが解説されています。

レギュラー「開発ガイド」、「にっぽんロビさんぽ」№15彫刻の森美術館(神奈川県)(ここは何回も行ったことがあります)です。

さて、パーツです。左ひじフレーム(上段左)、左ひじフロントパネル(上段中)、左前腕カバー(上段右)、M2×4.5mm皿ネジ4、M2×8mm皿ネジ3です。写真の取り方が悪く、左前腕カバーが欠けてしまいました。^^;

14号で製作した左前腕に、左ひじフロントパネル、左ひじフレームを取り付け後、左前腕カバーを取り付けました。

16号:左ひじに左上腕フレームを取り付ける

「ロボットと未来の科学」デジタルデータと形がある物質の境界とは?、メディアアーティストの落合陽一氏の対談(後編)です。次に、今回の4号とも、「ロビ・メカニズム辞典」が載っております。今号№7は、音声認識の基本です。ロビは、音の特徴パラメータをHMM(Hidden Markov Model)データとして、繰り返し学習するそうです。今度、暇な時にでも、調べてみましょう。
レギュラーの「開発ガイド」、「にっぽんロビさんぽ」№16久留里(千葉県)です。

パーツはこれ。
左ひじバックパネル、左上腕フレーム、M2×6mm皿ネジ6、サーボケーブル(70mm)です。左側に、カスタマイズパーツとして、ロビの耳パネル、レッドとシルバーが提供されました。

15号で製作した左前腕に、左上腕フレームを取り付けるだけです。簡単!すぐ終わりました。

左ひじバックパネル、左上腕フレーム、M2×6mm皿ネジ2、サーボケーブル(70mm)は、次号で使用します。

おまけ

15号まで購入し続けると、読者全員プレゼントとして、ツールボックスがもらえます。応募締め切りは12月末日、先方にハガキが届いてから1ヶ月くらいかかるらしい。早々に送ろうと思います。

16号以降は、別のプレゼントがあります。そちらも楽しみに、制作を続けて生きたいと思います。

いよいよ右腕の作成 ロビ2の製作part3はこちら。

腕は完成!足の製作開始 ロビ2の製作part5はこちら。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 上田 孝 より:

    ロビ2が完成しましたが、動作をしないのですが代行組み立てで修理のお願いはできませんか?

    • mizutan より:

      上田様、コメントありがとうございます。

      60爺は、76号で止まっておりますが、配線で不安があり動作するかどうか心配です。
      また、組み立て代行できる技量もございません。
      大変申し訳ございません。

  2. 久保美津子 より:

    80号まで届きました。テストの時は動いたはずなのに完成したらうでが動きません。分解したらサーボケーブルの線の1本だけがきれそうになってました。もう組み立てる気力が抜けてしまいいやになりました。どうしよう、

    • mizutan より:

      久保様、コメントありがとうございます。

      上田様にもお話したように、76号で止まっておりますが、配線に不安があります。
      サーボケーブルは、ディアゴスティーニで実費で売ってくれますので、交換してみてはいかがでしょう。
      (サーボケーブルのついている号の部品全てを買うことになります、ディアゴスティーニへ相談してみてください)