RaspberryPiパスワードの変更手順について

シェアする

Pocket

本日、60爺は、RaspberryPiのパスワードを変更しました。
すぐ、忘れるので、記録しておきます。

現在のユーザのパスワード設定時は、次のように入力すればいいです。

pi@raspberrypi:~/julius-kits $ passwd
pi 用にパスワードを変更中
現在の UNIX パスワード:
新しい UNIX パスワードを入力してください:
新しい UNIX パスワードを再入力してください:
passwd: パスワードは正しく更新されました

ラズパイユーザであれば、旧知のことですが、当初のパスワードを変えていないと怒られてしまいます。下記の朱書きの部分ですね。

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
Last login: Mon Oct 30 20:32:21 2017 from 192.168.254.201

SSH is enabled and the default password for the 'pi' user has not been changed.
This is a security risk - please login as the 'pi' user and type 'passwd' to set a new password.

これで、LOGINのたびに怒られることはなくなりました。
さて、ついでですが、rootパスワードも変更しておきます。ユーザがある時は、passwdの後にユーザ名を書きます。rootはスーパーユーザなのでsudoも必須です。

pi@raspberrypi:~/julius-kits $ sudo passwd root
新しい UNIX パスワードを入力してください:
新しい UNIX パスワードを再入力してください:
passwd: パスワードは正しく更新されました

さて、変更したパスワードでログインできるか確かてみましょう。

pi@raspberrypi:~/julius-kits $ su -
パスワード:

OKです。
これで、セキュリティが、やや強固になりました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする