障子の張替えは超簡単!かかる費用はのり、障子紙代だけ!

シェアする

Pocket

2017年、ぎりぎりになりましたが、障子の張替えを行いました。毎年行っていますが、天皇誕生日が土曜日となってしまいましたので、泣く泣く最終日曜日に実施しました。

障子も、お日様に晒していると、いわゆる陽焼けをします。1年経つと、かなり色落ちします。年の最後に障子も綺麗にして、新しい年を迎えましょう。

障子張替えの手順ですが超簡単です。

1.障子をはずして障子紙をはがす
2.障子の桟を雑巾で拭く
3.障子紙を張る

こんなもんです。

使用するものは、障子紙、障子用のり、カッター、仮止めシールです。うち、仮止めシールは、障子紙を購入すると、その中に入っていると思います。

1.障子をはずして障子紙をはがす 

まずは、障子をはずさなければ何も始まりません。60爺の和室には、窓に納まった、やや小型の障子と、大型の障子がそれぞれ2枚ずつあります。

昔の日本家屋のように、各部屋に障子があったりすると、障子張替えだけで1日仕事になりますが、幸いに60爺のところでは3時間程度で終了できます。

さて、障子紙を剥がしましょう。はずした障子を外の壁などに立てかけます。

そして、雑巾を水にぬらして、障子の桟に沿って濡らしていきます。

ところが、ここで、重大事故発生です!やけに水が漏るなと思っていたら、バケツの底に穴が開いています。これでは、水が貯められません。イヤー、参った。バケツは、ずっと外に出しているので、太陽光線にやられてしまったようですね。

めげずに、雑巾をぬらして全体に満遍なく、水をかけていきます。最近では、障子紙をはがす薬が売っているそうですが、60爺は、昔ながらの料金ゼロの水(正確には水道代を払ってますが)でやっていきます。

さて、昨年(2017年)の障子紙ですが、しばらく待って剥がしにかかると、これが面白いようにきれいに剥がすことが出来ました。

ご覧のように、ワン、ツー、スリーの順で、きれいにはがせます。毎年、障子紙を剥がしていますが、今年のようにきれいに剥がせたのは、記憶のある中で初めてです。

1枚目は、きれいに剥がせましたーーー。

さて、2枚目ですが、こちらも順調に剥がせましたね。

小型の障子に取り掛かります。こちらの2枚も、全然問題が起きることなく剥がせました。

すごいです。ご覧のように、障子紙の剥がしは完了です。障子紙の材質ですかね。今年の障子紙は昨年とは違うので、来年(2018年)は苦労するのかしらん。ちょっと心配ですね。

2.障子の桟を雑巾で拭く

次は、障子の桟のほこりを取り除きます。1年分のほこりなので結構汚れています。雑巾を使ってきれいにします。力を入れすぎると、さんが折れてしまう恐れがあるので、注意して拭いていきましょう。

1枚の障子で、こんなに汚れています。雑巾に汚れがヘバリツキマス。

2枚目の障子の掃除をする雑巾のbefore,afterはこんな感じです。えらく、汚れているもんですな。

残りの小型の障子の桟を掃除して、障子の桟の掃除は完了です。

3.障子紙を張る

さて、障子の桟が乾いたら、いよいよ障子紙を張っていきます。

(1) 用意するもの

用意するのはこれ、まずは、障子紙ですな。これがなければ始まりません。

それと、のりにカッター、セロハンテープが写っていますが、仮止めシールで代用しましょう。障子紙の中に梱包されています。こちらの方が、セロテープに比べて剥がしやすいので使いやすいです。

今年の障子紙の柄はこれにしました。例年は、雲龍や無地が多かったのですが、今年は柄が入っているものを選びました。

のりですが、昨年、一昨年と買いだめしていたら、いっぱいたまってしまいましたので、今年は購入しませんでした。

のりは、内蓋がついていますので、忘れずにはずしましょう。そうしないと使えません^^;

(2) 糊を桟に塗る

さて、それでは、障子紙を張っていきましょう。

始めは、端を合わせて、障子紙をするすると伸ばしていき、まっすぐ張れるだろうと判断した段階で、障子紙の端に仮止めシールを張ります。

この時、仮止めシールをけちらずに貼るのがコツです。端を止めたら、障子紙を丸めて元に戻します。

桟に沿って、のりを付けていきます。最近ののりは、昔と違ってのりの出口に工夫がしてあり、突起を桟の端につけて滑らせることで、のりを満遍なく桟に付着させることができます。

縦横の桟の全てにのりをつけましょう。のりを付け終わったら、障子紙を張っていきます。

(3) 障子紙を貼る

端から順に障子紙を貼りながら、もう一報の端まで障子紙を滑らせつつ、桟に障子紙を貼り付けていきます。

障子紙を下までもっていったら、軽く、手のひらで障子紙を押し付けましょう。端がはがれると面倒なので、得に周到に行ってください。

のりが乾くのを待って、障子からはみ出た障子紙をカッターで切り離します。

始めに、爪で、障子の桟に沿って切り込みをつけていき、切る位置を決めます。

これに従って、カッターで切っていきます。

まずは、下、横、上部の余分な障子紙を切り離して出来上がりです。2番目の写真にあるように、切込みをしっかりつけてやると、簡単に切り離すことが出来ます。

1枚終わったら、その障子を立てかけておき、同様の手順で残りの障子も貼っていきます。

全部貼り終えたら、それぞれの障子に霧を吹きかけて終わりです。

乾いた時に障子紙がぴんと張ります。

4.障子張替え完了

最後に元通りにはめ込んで障子の張替えは終了です。

不要となった昨年の障子紙やカッターで切り取ったくず紙、包装用のビニールなどをまとめて作業完了です。

いかがでしたか、作業自体、むずかしい所はなかったと思います。皆様も、是非、チャレンジしてください。障子が綺麗になると、入ってくる光も綺麗に見えますよ!

5.2019年用の障子紙の模様

2019年の障子紙ですが、少し、派手なものにしてみました。模様は、「はな」です。

貼り終わったのはこちら。どうですか?かなり目立ちますね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする