あなたも確定申告が必要では?税金の還付を目指そう

シェアする

Pocket

会社員の方は、あまり意識されないでしょうけど、確定申告の時期がやってきました。
払いすぎた税金の還付を実現しましょう。

何もやらないと、本来払いすぎた税金も、言ってこないから返さないというのが、我が日本国の方針ですから、しっかり確認して確定申告をしましょう。

 

確定申告とは何かを「Wikipedia」で調べます。

日本の租税に関する申告手続を言い、日本においては次の諸点を指す。 個人が、
その年 1月1日から12月31日までを課税期間として、その期間内の収入・支出、
医療費や寄付、扶養家族状況などから所得を計算した申告書を税務署へ提出し、
納付すべき所得税額を確定すること

ところで、会社員って、給与明細から月々税金を惹かれていますよね。会社員の方は、重々承知でしょうけど、これって、源泉徴収制度なんですよね。この源泉徴収とは、国が、サラリーマンから確実に税金を徴収することが出来る制度なんですね。

源泉徴収を、また、「Wikipedia」で調べてみます。

源泉徴収とは、給与・報酬・利子・配当・使用料等の支払者が、それらを支
払う際に所得税等の税金を差し引いて、それを国等に納付する制度である。
源泉徴収された税金は源泉徴収税という。

この引かれる税金は、会社が、会社員の一年間の給料を想定し、扶養家族の人数も計算して、その税金の金額を、毎月の給料から天引きし、税務署に納付しているわけです。でもって、1年間のうちに、想定外の状況(扶養者の追加、削減や保険金の控除など)があったものを再計算し、12月の給与でつじつまを合わせるのが年末調整です。

で、大体、この辺りで税金の支払いは済みますので、会社員は余り確定申告をする必要がないんです。

会社員で、確定申告しなければならない人は、次の条件に当てはまる人です。
No.1900?給与所得者で確定申告が必要な人

■ 給与の年間収入金額が2,000万円を超える人
■ 1か所から給与の支払を受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の
 合計額が20万円を超える人
■ 2か所以上から給与の支払を受けている人
  主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計
 額が20万円を超える人

などです。年間収入が2千万だとか、収入が給与以外にあるだとか、うーん、どうも、裕福な方々は、確定申告が必要なんですね。

と言っておいてなんですが、60爺は、現在、再雇用ではたらいておりますが、別途、年金もいただいております。当然、お上のやることですので、年金に対してもしっかり源泉徴収されており、年金が支払いされる、税金分を引かれて払い込みがなされます。

給与の場合、年末調整で控除額の計算をしますが、年金に対しても控除額が設定されております。ですが、支払われた税金は、このことが考慮されていません。ですので、これを申告することで、幾ばくかの税金を還付することが出来るのです。

そういったわけで、60爺にとって確定申告は必須です。

その他にも、割と知られていますのでご存知でしょうけど、会社員の方でも、医療費が10万円を超えた時には、確定申告を行うことで税金が還付されます。

あと、寄付(今、はやりのふるさと納税)を行った方も確定申告で還付できますよ。

例年、2月16日から3月15日までが、その期間ですので、お忘れなく!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする