二十四節気大寒の意味、10年来の天気と寒卵について調べてみた

シェアする

Pocket

季節の移り変わりを知る目安となる「二十四節気」の紹介をしていますが、今回は、二十四節気の第24 大寒です。

大きい寒さと書いて、その読み方は「だいかん」です。「とても寒いよ!」という位の意味ですね。この節気はそこそこ知られているかなと思います。

1.大寒とは

寒さが最も厳しくなるころ。『暦便覧』では「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」と説明している。
寒(小寒 – 立春前日)の中日で、一年で最も寒い時期である。武道ではこのころ寒稽古が行われる。 by Wiki

こうは言っていますが、実際は1月26日あたりから2月4日あたりまでが最も寒いそうです。

ほぼ日手帳の二十四節気の中では、こう紹介されています。

一年で最も寒さの厳しい時期。この時期に、あえて武道や水泳などの稽古をおこなうことを「寒稽古」と言います。

はっきり、一年で最も寒さの厳しい時期と言っています。いやあ、まだまだ寒くなるんですね。暑さもいやですが、あまり寒すぎるのもいやですね。爺にとっては、寒さは免疫低下にもつながることもあり、気を付けていきたいと思います。

歳時記カレンダーではこうです。

うへ、ここでも酷寒に見舞われるなんて言ってます。本当に寒いだな・・・。でも、春の兆しがあるのが救いですね!

2.今年の大寒は?

今年の大寒の日にちを見る前に、この期間にある名物「大寒卵」について調べます。

(1) 大寒卵(だいかんたまご)

大寒でネットをググっていると、この関連キーワードで「大寒卵」というものが出てきます。
はて、60爺は、この言葉を聞いたことがありません。

さらに調べてみました。

① 寒卵

しかし、「寒卵(かんたまご)」という言葉は確かに存在します。それぞれの辞書や、コトバンクなどにも載っていますね。冬の季語にもなっています。

意味は次の通りです。

鶏が寒中に産んだ卵。栄養価が高く、保存がきくとされる。by goo国語辞書

② 栄養価が高い理由

それは、以下のような理由だからとなっています。

現在の鶏は、素晴らしい環境で飼育されており、夏冬関係なく卵を産むようですが、昔の鶏は寒くなると産む卵の数が極端に少なくなったようです。

この時期、寒いので水も余り飲みませんが、体温を保つため、餌はたくさん食べたのです。

そして、寒中の時期になると春を感じて、卵を産み始めます。そのため、これらの状況が相まって、一年の中で最も栄養価が高く美味しいのだそうです。

③ 大寒卵

そして、大寒卵ですが、こちらは大寒に鶏が産んだ卵となっていまして、寒卵の説明が採用されているようです。amazonや楽天なぞを見ると、大寒卵として予約を募っているお店が目白押し、1個80円ほどの根付がされております。

どうやら、大寒卵は、日本の商習慣に巻き込まれた得意の売らんかな主義で生まれたもののように考えられます。

まア、肩肘張らず、素直に、おいしくて健康になり、金運も良くなると信じて食べてみてもいいのかもしれません。

また、大寒卵を使ったバームクーヘンも見つかりました。「招福バウムクーヘン」と銘打って、限定販売しているようです。

(2) 大寒の日にち

さて、大寒の日にちですが、以下の計算式で見つけられます(by Wiki)。

1985年 – 2016年 年を4で割った余りが1、2、3なら1月20日、それ以外は1月21日
2017年 – 2052年 1月20日

1985年から2016年までは、4で割り切れる年が1月21日となり、それ以外は1月20日でした。2017年から2052年までの36年間は 1月20日で固定されます。

3.大寒のお天気

さて、恒例にしている10年来の大寒のお天気です。goo天気で調べました。

冬なので太平洋側は安定した天気が多いのかなと思っていましたが、意外とぐずついています。晴れが4日、曇りが3日ですね。晴れのち曇りが2日あって、雪のち雨が1日ありました!

最高気温ですが、2010年は17.2℃と突出して暖かい日です。それに比べ、2012年は3.6℃とひどく寒いですね。ばらつきが目立ちます。最低気温は、氷点下になった日はありませんが、2014年は1.1℃、2013年は1.6℃と大寒らしい気温でしょうか?

平均の最高気温が9.5℃で、初の10℃割れです。最低気温の平均は3.1℃で小寒から、さらに 2.0℃下がりました。確実に、本格的な寒さに突入ですね。

4.大寒の期間の七十二候

さて、大寒には期間としての意味もあり、この日から、次の節気の小満前日までを指します。そして、この間の七十二候には、次の三つが現れます。

款冬華(かんとうはなさく) : フキノトウが出始める頃

この寒いころからフキノトウが生育することを言っています

水沢腹堅(すいたく ふくけん) : 厳しい寒さで沢がすべて凍る頃

とても厳しい寒さで、沢が凍ってしまうと言ってます!寒いよーー。

鶏始乳(にわとり はじめて にゅうす): ニワトリが卵を産み始める頃

寒卵であったように、ニワトリが栄養のある卵を産む時期になったというkとを言ってます。

記事で紹介している歳時記カレンダーの2019年版です。もう、お買い求めになられましたか?東急ハンズに置いていますが、近くにない方はネットで購入できます。送料は400円です。よろしかったら購入しましょう。

シーガル 2019 歳時記カレンダー

新品価格
¥2,160から
(2019/1/7 21:41時点)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする