新天皇即位で生まれる新元号、候補、決め方と楽しい薀蓄を調べた

シェアする

Pocket

1.元号とは何か

2019年天皇陛下が退位します。これに伴い、次代の天皇陛下が即位し元号が変わります。

また、阿部首相が、2019年4月1日に次世代の元号を発表するとしました。

日本人の皆様は、元号を知らないという方は存在しないと思います。知らないという人でも、「平成」がそうだと言えば間違いなく通じると考えます。

元号とは何かの回答は以下です。

日本を含むアジア東部における紀年法の一種。特定の年代に付けられる称号で、基本的に年を単位とするが、元号の変更(改元)は一年の途中でも行われ、一年未満で改元された元号もある。

2.元号選定について

(1) 文字数

60爺の知っている元号はほとんど二文字です。調べてみると、日本の元号は伝統的に二文字なんだそうです。但し、文字数は明確に制限されていないそうです。

そして、昔々、4文字の元号がありました。下記の5つです。その他は、元号一覧を参照してください。

天平感宝、天平勝宝、天平宝字、天平神護、神護景雲

(2) 選定の条件

元号を選定するための条件があるんですね。この際、候補を古典に求めるようです。
昔の言葉で書いてあるので現代語に訳してみました。

  1. 日本、中国、朝鮮、ベトナム等の国々で採用された元号や、帝王他の諡号、名字及び土地の名称と重複しないこと
  2. 国の理想を象徴するものであること
  3. 古典(漢籍古典を典拠)を拠り所とし、字面が洗練されており、非常に深い趣や含蓄のあること。
  4. 元号を読む際、発する音がよく調和すること
  5. やさしいこと、たやすく理解できること

そして、追加の条件として、現在の文書で登場する元号のアルファベット(明治:M、大正:T、昭和:S、平成:H)以外の名称であることとなりそうです。

3.どうやって決めるのか

前回(平成)に倣うと、以下の手順になる模様です。

(1) 政府が密かに何人かの学者に案を提出してもらう
(2) 有識者による「元号に関する懇談会」で提案する
(3) ここで支持された案が内閣の全閣僚会議で決定する

4.候補

インターネットをさっと検索すると、皆さん、さまざまに候補をお建てになっていらっしゃいます。それらをざっと挙げてみました。

平和 和平 安久 光文 感永

喜永 景星 文世 安久 安明

永明 京安

しかし、これらの元号は、採用されないのではないでしょうか。政府も、予想されたものにはしないと言っていますので。

しかし、これだけ、世間の話題になると決めるのがなかなか難しいように感じますがどうなんでしょうか?

いっそのこと、候補を挙げて国民の投票を募るなんてダメなんですか?戦前なら不敬罪になっちゃいますかね?

5.元号の薀蓄

元号の選定や候補、決め方などを調べましたが、ここからは、知ってて楽しい元号の知識です。

(1) 最も期間の長い元号と短い元号

最も期間の長い元号は昭和の62年と14日です。60爺も昭和生まれです。今回の改元で、60爺は、何と3つの元号を生き続けます。

しかし、昭和は62年も続きましたので、3つの元号を生きる人はたくさんいて自慢にもなりませんね。

しかし、60爺の母は、現在95歳で生存しています。ですから、5月1日の改元後まで生存すれば4つの元号を体験することになります。こちらは驚いと思いますが、いかがでしょうか!

話がそれました。最も期間の短い元号は暦仁の2ヶ月と14日です。昔は、いいことや悪いことがあったりするとすぐ元号を変えていたので、こんなことがあったんですね。

(2) 初めての元号

『日本書紀』では、645年の大化の改新の時に「大化」が用いられたのが最初であるとさ れています。しかし、当時の木簡を分析しても、その事実が認められないとのことです。

701年 文武天皇5年に「大宝」と建元し、以降、継続的に元号が用いられることとなりました。

さきほどの元号一覧をみると、「大宝」前に、3つの元号(大化、白雉、朱鳥)を見ることが出来ます。

(3) 南北朝時代には2つの元号が併存

太平記の時期、後醍醐天皇と足利尊氏が争ったことによって生まれた南北朝時代には、北朝(持明院統)、南朝(大覚寺統)がそれぞれ独自に元号を制定しました。

このため、1331年から1392年まで2つの元号が並存しています。

さきほどの元号一覧をみると、かなりの数の元号が存在しています。

(4) 使用された漢字

過去に使われた元号で使用された漢字は、72字だそうです。多いのか少ないのか、60爺には判断できませんが、参考文書では形容詞「わずか」がかぶされています。

そして、その72字中21字は10回以上使用されているそうです。使用字ベスト5を示しておきます。

1「永」:29回
2「天」:27回
2「元」:27回
4「治」:21回
5「応」:20回

【参考】
wiki
池上さんに聞いてみた。http://bunshun.jp/articles/-/5855

スポンサーリンク

シェアする

フォローする