ロビ2の組み立て part19 後編 上半身・下半身合体

シェアする

Pocket

part19の後編です。上半身と下半身を接続します。

75号:指装着、胸にロゴシール、すねにシール貼付

75号のContentsは、ロボットと科学の未来、ロボットデザインの裏側、にっぽん全国ロビさんぽです。

ロボットと科学の未来は、インテリアデザイナー片山正通宇治との対談の後編です。

ロボットデザインの裏側は、「ロビ2」の生みの親ロボットクリエイター高橋智隆氏へのインタビュー前編です。

にっぽん全国ロビさんぽは、和歌山県の「熊野速玉神社」です。全国にある熊野神社の総本営です。

今月のパーツは、すねのシール2、左指、右指、ロゴシール1シートです。

保管していたパーツは、40号で組み立てた下半身と、74号で組み立てた上半身です。

◆指を取り付ける

左指と右指を用意します。膨らみがある面が手の甲で表側です。手のひら側は平らになっており、こちらが裏側です。

左が左指、右が右指でそれぞれ左側、右側が小指です

右指から取り付けます。位置関係と、右腕先端の突起である指ホルダー(赤丸枠)と指の溝(角丸枠)を確認します。

指ホルダーに右指を叱りと差し込みます。

同じようにして左指も取り付けましょう。

◆ 胸にシールを貼る

ロゴシールの好みのもの(60爺は「Robi」にしました)をはがして、胸のマークの右上側のスペースに貼っていきます。

透明なシートの上から、ドライバの尻などで、まんべんなく10回程度こすりつけます。

少しシートをはがして、転写できているなら全体をはがしましょう。転写できていない場合は、しっかりこすりつけます。

◆ すねのシールを貼る

下半身を用意し、右すねの内側に出ているサーボケーブルのたるみを上下の穴に押し込みます。

フレームに合わせて、すねのシールを貼ります。最後に、指でしっかり押さえておきます。

左すねのサーボケーブルのたるみも、右すねと同じく、上下の穴に押し込みます。

右すねと同様、同じようにシールを貼ります。

75号の工作完了です。

76号:ついに上半身/下半身合体

76号のContentsは、ロボットデザインの裏側、にっぽん全国ロビさんぽです。


ロボットデザインの裏側は、「ロビ2」の生みの親ロボットクリエイター高橋智隆氏へのインタビュー後編です。

にっぽん全国ロビさんぽは、山形県の「日本一の芋煮会フェスティバル」です。2018年で第30回を迎えました。

今月のパーツは、音声認識-画像処理ケーブル、カメラ保護シール、カメラステー、カメラホルダー、M2×4.5mmなべネジ9です。

保管していたパーツは、4号提供の保護シール、47号提供のバッテリー、45号で組み立てた電源制御ボード、72号で組み立てたフロンとヘッドカバー、75号で組み立てた上半身と下半身、71号で提供したM2×4.5mm皿ネジ4です。

◆フロントヘッドカバーにカメラ保護カバー貼付

カメラ保護シールを用意し、フロントヘッドカバー前面の段差にぴったり張り付けます。カメラ保護シールの表面の薄いフィルムは完成時にはがします。

◆上半身に下半身を合体させる

下半身と電源制御ボードの位置関係を示します。

電源制御ボードの穴に、腰フレームの円柱部分をケーブルごと通します。ケーブルは全て右側に持ってきます。

上半身の⑫腰サーボモータのシャフトのDカットを確認します。

腰フレームの円柱の先端のDカットを確認します。合わせて、腰フレームの円柱からネジが1mmほど出ているかも確認します。

下半身の⑫ケーブルは右側から手前に出し、挟まないようにします先ほど確認したDカットを合わせてしっかり差し込みます。この部分、Dカットを合わせるのに苦労しました。

両脚を開いて、腰フレームの円柱の穴にドライバを差し込んで、奥にある座金付きネジを締めます。

保管しておいたM2×4.5mm皿ネジで、左ボディ及び右ボディをボトムボディカバーに固定します。

◆ボディ内の配線をする

左脚のサーボケーブル(目印のテープを巻いていないサーボケーブル)をマイコンボードの2番目(LLEGと印字)に接続します。

次に、右脚のサーボケーブル(目印のテープを巻いているサーボケーブル)をマイコンボードの右端(RLEGと印字)に接続します。

ここが最大の難所でした。右脚のケーブルが、少し足りないため、少々引き出しが必要になり、何回かやり直しをしながら、何とか配線を終えましたが、ちょっと心配です。

右脚、左脚のコネクタにそれぞれ保護シールを貼ります。

充電ジャックケーブル(3色線のコネクタ)を電源制御ボードの右のコネクタに接続します。

バッテリを用意し、電源制御ボードの左のコネクタに接続します。こののち、バッテリの印字面を手前に向けて、ボディの左隅に格納します。

配線がちょっと心配ですが、上半身と下半身がつながりました。いよいよ、次のpart20でロビ2の工作は終わりです!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする