Excelでセル参照ができない事象に遭遇!解決方法はセルの書式設定で

最近、Excelで資料を作成した際に、エラーと言いますか、おかしな事象に遭遇しました。

その事象と解決方法を残しておきます。

Excelのバージョンは 2010 です。

1.セル参照できない

「セル参照」しようとしたのに、何故か、その数式の内容が文字列と解釈されているようで、入力した数式の値が表示されてしまう事象です。

Excelを使用されている方でしたら「セル参照」はご存知だと思います。あるセルの内容と同一の値を出したい場合に、セルの内容に「=セル位置」(ex.=A3)と指定するものですね。

今回の事象は次のようなものです。

セル A7 にある版数の内容を参照したのですが、ご覧のようにセルに指定した数式「=A7」が表示されてしまいます。

普通に数式を入力したのに数式が文字列と解釈されてしまったようです。これでは、「セル参照」の意味を持ちませんね。

何故、このような事象が起きるのでしょうか?

2.解決方法はセルの書式設定

このような事象が発生した場合の解決方法を示します。

まず、「セル参照」できないセルを右クリックし、表示されたメニューから「セルの書式設定」をクリックします。

次に表示形式をクリックしてください。

ここで表示形式を見ると、分類が「文字列」になっていると思います。このせいで、先程のように数式が文字と認識され、数式自体が表示されてしまったのです。

そこで、分類の一番上にある「標準」をクリックして変更します。

ここで、F2キー(編集)をクリックします。

Enterをクリックすると、先程のセルに「セル参照」した値が表示されるはずです。

これで対応は終わりです。訂正は簡単に出来ました。

何故、このようなことが起きるのか原因はわかりませんが、皆さんも「セル参照」で同じ事象が発生した場合は、上述の対応を試してください。