LEDパネル購入と電源コネクタをコンセントに装着 RaspberryPiで電光掲示板 番外編 

シェアする

Pocket

1.AliexpressでLEDパネル購入

60爺が、今使用している電光掲示板は、秋葉原 秋月電子通商の「RGBフルカラードットマトリクスLEDパネル 16x32ドット」です。

LEDが512個ついており、文字やイメージを表示できるのは、配線とデモプログラムの稼動をしてみた(part1),引き続き、デモプログラムを実行中(part2)で見ていただいたとおりです。

実は、中国のAliexpressで、同じLEDパネルが送料合わせて15ドルで買えるとの情報を師匠50オヤジからもらったので、早速購入してみました。

この商品は、以下の文字で検索してください。本体9$強、配送費6$で購入できます。

diy LED module p10 led panel 16×32 rgb black chip led display screen for indoor use matrix led pitch10 led board

2.電光掲示板到着、しかし・・・

7/30にオーダーして、8/11に届きました。そしたら・・・・・。

お、大きい。

秋月製とは、倍くらいの大きさの違いがあります。あと、秋月製は、マグネットが4つ付いてまして、金属板に貼り付けて使えますが、中国製には付いておりません。

但し、中国製のLEDパネルには、接続用フラットケーブルが2つ付いていまして、秋月製よりもずいぶん長くて、これは重宝しました。

大きさは違いますが、横に二つ並べて、文字列が流れるか見てみましょう。ところが、・・・・

何故か、赤しか表示されなくなっちゃいました。

実は、その前は表示されなくなっていて、配線を確認したところ、2本はずれていて、それを配線しなおした経緯があります。うーん、分からんぞ。

仕方がないので、秋月製のケーブルにつないであった配線を中国製のケーブルに配線しなおしてやってみました。変化ありません。

次は、RaspberryPi Aを変えて実行してみました(機器を変えて、SDカードを差し込みなおし)。これでも変わりません。赤しか表示されないです。

断線か?

師匠に相談していましたが、ひょっとすると電圧かもしれないと言う言葉に、電源を確認したら、何と、LEDパネルへの電源が、コンセントから外れていたと言う落ちでした。すみません。

コンセントに接続したら、全く問題なく、色鮮やかに表示されました。

3.電源コネクタとコンセントを接続

さて、LEDパネルの電源コネクタ(下記右)なんですが、ご覧のように、プラスとマイナスにコネクタが付いています(赤がプラス、黒がマイナス)。これを、ハードオフで買ってきた電源ケーブルにつなぎます。

電源ケーブルは、outが5V3Aの優れものです。

さて、先端をちょん切ります。

コードのプラス・マイナスを調べるために、テスターの登場です。

5.14Vとプラスの値が出たので、現在、テスタの赤につないであるコードがプラスだと分かりました。念のため、コードを逆転して、間違っていないか確認しました。

ちゃんと、マイナスになりましたね。今度は、テスターの黒につないだものがプラスのコードになります。

ここで、プラスと判明したコードを、LEDパネルの電源コードの赤に、もうひとつをマイナスに決戦して、ビニールテープを巻きつけました。

さあ、これを2台目のLEDパネルに取り付けて、テストが出来ます。その模様は、pythonのサンプルを動かす(part3)でご覧になってください。

引き続き、デモプログラムを実行中(part2)はこちら
pythonのサンプルを動かす(part3)はこちら

スポンサーリンク

シェアする

フォローする