知ってた!「秀丸リピート再生」は、作業時間短縮の元

シェアする

Pocket

本日、60爺は、お仕事で秀丸(有名なエディタですね)のリピート再生を初めて使用しました。非常に便利な機能なので、広く、皆様にも広報しようと思い立ったわけです。こうやって書いておくと、将来使用するときに見返すことも出来るので・・・。

今回のお仕事では、csvファイルの各行の最後に、ある決められた文字を挿入するというものでした。行数は、15,000行を越える数でした。これを手で各行に追加するのはナンセンスです。

1.記録した内容を再生

最初に始めたのが、記録した内容を再生するものです。

(1) 記録の開始

① 行の最初にカーソルを置いた状態で記録開始です。

② 行の最後(Endボタン押下)にいき、ある決められた文字を挿入します。

③ 挿入後、次の行にカーソルを持っていった時点で記録を終了します。

※ ちなみに、記録開始及び記録終了は、Shift + F1ボタンに登録されています。

(2) 記録再生

Shift + F2ボタンで出来ます。このボタンを押すと、その行に、先ほど実施した行のように、後ろに決められた文字が挿入されます。このボタンを押しつづけることで、行が次々と更新されていきます。

(3) これではできない!

60爺は、2,000行近くまで、この処理を繰り返しましたが、飽きてしまいました。

ダメだ、疲れる、こんな原始的な方法はやってられんということで、別の方法がないか探りました。

2.リピート再生

たどり着いたのが、今回のお題目のリピート再生です。

(1) リピート再生の環境設定

まずは、秀丸のその他(O) > メニュー編集(M) と押下します。

メニュー編集画面が表示されますので、左側のメニュー(M)の一番下のマクロ(M)を押下します。

右側のメニュー内のコマンド(C)の内容が変わるます(下記)。上から三番目の「キー操作のリピート再生」の□をクリックし、OKボタンを押下します。これで、キー操作のリピート再生が使えるようになりました。

(2) リピート再生の手順

それでは、先ほどやろうとしていた内容を実行してみます。

① 記録開始です。1行目の頭にカーソルを持っていって、Shift + F1押下。画面の左上に、記録中!と表示されています。

② 1行目の最後の位置にカーソルを持っていった後、aaaaaを押下します。

③ 2行目の頭にカーソルを持っていき、Shift + F1押下で記録完了。上記メ ニューのマクロを押下。キー操作のリピート再生を押下する。

④ メニューから、最終行に達するまでを選び、OKボタンを押下。

⑤ 記録した内容が自動的に実行されます。

これで、最終行まで必要な文字が挿入できます。15,000件でも、30秒もあれば十分です。  皆様の参考になれば。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする