LibreOffice Calc グラフX軸設定時の注意点

先日、Microsoft Minesweeper が、LV 2500 に到達し、シールド数やミスの値を分析したのですが、その際グラフを作成する際に困ったことが起きました。

グラフは、LibreOffice Calc のグラフ挿入の機能を使用したんですが、X軸の値が思うようにならないときがあったので、備忘録として残します。

1.何故X軸の値がレベルにならない?

まずは、日付をベースとしたシールド数やミスの値の表を折れ線グラフにしてみます。

すると、日付がX軸に入り、シールド数、ミス数が折れ線グラフとなって、グラフが作成されます。

このグラフは、60爺が想定したものと一致しています。

次に、今の表と同様に、日付の部分をレベルに変えてグラフを作成してみます。

当然、レベルがX軸に入り、シールド数、ミス数が折れ線グラフとなって、グラフが作成されると思いました。

しかし、出来上がったグラフは、X軸は1からの連番が設定され、レベル数、シールド数、ミス数が折れ線グラフとなって、グラフが作成されてしまいました。

何故X軸の値がレベルにならないのでしょうか?

2.X軸にレベルを設定する手順

レベルもグラフ対象の数値と判断されていますので、対象から外し、レベルをX軸に設定する手順を示します。

(1) グラフ対象の選定

グラフを作成する範囲を選択します。

(2) グラフ挿入

方法が2つがあります。

  • メニューから選択
  • グラフ挿入のアイコンクリック
メニューから選択
グラフ挿入のアイコンクリック

(3) グラフの種類の選択

グラフウィザードが出ますので、グラフの種類を選びましょう。

今回は、折れ線グラフで、さらに実線で結ぶものを選択しました。

(4) データ系列でレベルを削除

次に、3.データ系列をクリックします。

すると、データ系列(S):の欄を見ると、レベル、シールド、miss数が表示されています。

レベルを選択し、下にある削除をクリックします。

レベルがデータ系列(S):の欄から消去されます。

先ほど作成されたグラフを見ると、レベルが無くなり、日付をX軸に持ったグラフと同様の形になりました。

(5) X軸の設定

X軸は、1からの連番になってしまっているので、ここにレベルの値を表示するようにします。

3.データ系列の右側にある「範囲(C)」の右側にあるアイコンをクリックします。

こんな内容が表示されます。

マウスで、表のレベルの範囲を選択します。

すると値が設定されます。

作成されたグラフを見ると、X軸にレベルが設定されたことがわかります。

(6) おまけ

さて、最後に、タイトルやX軸、Y軸の名称の追加方法を載せておきます。

4.グラフ要素をクリックしてください。

図にあるように、タイトルやX軸、Y軸に値を入力します。

すると、グラフに反映されるのがわかります。


Windowsランキング