ボケの花は縁起が悪い?なんと語呂合わせによる風評被害だった!

2023年7月2日

ボケの花をご存知ですか。とても大きい花で華やかだと思います。

このボケの花なんですが、なんと「ボケの花は縁起が悪い」と言われておるんですよ!

なぜ、そんなことを言われてしまうのでしょうか?以前、記事にした山茶花でも、あらぬ疑いをかけられてひどい目に遭っていました。

このボケの花については、どうなんでしょうか。

この記事では、「ボケの花は縁起が悪い」と言われる原因について特定し、実際はどうなのかを見て参ります。

どうかご一緒に内容をご覧になってください。

スポンサーリンク

ボケの花は縁起が悪い?

いつものように結論からいきますね。

ボケの花は縁起が悪い?

ボケの花は縁起が悪いというのはうそ!名前から誤解されてしまった

またまた、名前から縁起が悪いことにされちゃった事実が出て来ましたよ。人間は勝手ですからなあ!

そうなんです。ボケの花は、その名前から、どこかで縁起が悪いとの誤解を受けちゃったんですなあ!

何故、そうなってしまったのかをひとつずつ確認していきましょう!

ボケとは

「ぼけ」を辞書で引くと、いい意味がないんですよね。「ぼけること。また,ぼけている人。」、「老化に伴って起こる痴呆を主とする症状。」と出てます。

現代の高齢化社会においては、この花は、ちょっとプレゼントしにくいですよね。こんなことから、「ボケの花イコール縁起が悪い」というような、いわば風評被害みたいなことが現れたのではと思われます。

それに、岐阜県では、ボケの花を家に持って帰ると親が死ぬ(ボケる)といった迷信があるんですって。こちらも、語呂合わせの類でしょうね。

問題があるとすれば、この植物、バラ科に属してますんで刺があることですかな。刺されば痛いよ~。

「語呂合わせで嫌われた花」といえば、以前アップした「クチナシの花」がありましたね。

ボケの語源

なんで、「ボケ」と呼ばれるんでしょうか。何といっても、この「ボケ」という名が上述したように、勘違いされる原因となったんですから。

ボケの語源は一体何なのだろうか?2つの説がありました。

1.「もけ」⇒「ぼけ」
2.「ぼくくゎ」⇒「ぼけ」

もけ⇒ぼけ

ボケの果実って知ってますか。これなんです!

この果実、瓜に似てますよね。ちゅうか、瓜にそっくり!そこから、木になる瓜で「木瓜(もけ)」と呼ばれたんですよ。

で、「もけ」⇒「ぼけ」に転訛(てんか)したのが、この説です。

ぼくくゎ⇒ぼけ

古く日本では、ボケを漢名で「木瓜」(実体は、マボケと呼ばれる別の品種)と呼ばれると認識していたそうです。

この「木瓜」の字音「ぼくくゎ」⇒「ぼけ」に転じたというのが、この説ですね。


花言葉と織田信長

花言葉を見ていきましょう。

  • 平凡
  • 早熟
  • 先駆者

まあ、悪くはないですかね。

最後の花言葉である「先駆者」ですが、あの織田信長から連想されたと言われているんですって。確かに、織田信長は、戦国時代に誰も考えなかったようなことをなした人ですからね。

なぜ、織田信長が出て来るか?と言う疑問があると思いますが、何と、織田家の家紋が「織田木瓜」と呼ばれることからですね。

この家紋ですが、織田信長の父「織田信秀」(おだのぶひで)が、尾張国の守護大名で、主君でもあった「斯波氏(しばし)」から下賜(かし)されたですよ。

冠稲荷のボケ

冠稲荷神社は、永禄年間(1558~1570)に建立されたという群馬県太田市に鎮座する歴史豊かな神社です。

ここには、高さ約3.5m、周囲約3mの威容を誇る日本一の「木瓜(ボケ)の花」があるんです。

この冠稲荷神社は、縁結び・安産・子宝の霊験あらたかで知られていますが、こんな伝説が伝えられているんですよ。

昔、とある女性が、子宝を得たいと毎日参詣していたそうです。そこへ、修験者が現れ「ボケ」の実を採り、煎じて飲めば効験があると伝えて立ち去りました。
その女性が、その通りにしたところ、子宝に恵まれ家も栄えたそうです。そのお礼に植えられた「ボケ」が、まさに、冠稲荷神社の「ボケ」だと伝えられています。

最後に

ボケの花は縁起が悪いと言われますが、本当のところどうなのよと思って、わさわさ動いてみました。

その結果、答えは「冤罪」でしたね。名前の語呂合わせから、あらぬ疑いをかけられていただけということがわかりました。

実際は、偉く華やかな植物で、家紋なんかにも使われているし、花言葉は織田信長につながっていたりしましたね。

冠稲荷神社と言う日本一の「木瓜(ボケ)の花」がある神社に行きつきました。機会があれば、行ってみたらよいと思います。

■追記 縁起が悪いか見てら、実は良かったという記事があります。

※気づけば「縁起」の記事も増えてきました

スポンサーリンク

縁起

Posted by mizutan