自動追跡防犯カメラを監視用に2,000円で購入してみたら良い出来でした

1.監視カメラ購入

こんな監視カメラを購入してみました。

自動追跡防犯カメラ

  • 製品名 トラッキングカメラ
  • 有効画素数 2.0 MP
  • 動画形式 H.264
  • WiFi 2.4GHz.IEEE80211b/g/n
  • 対応microSDカード 8GB/16GB/32/64GBに対応

セット内容は、カメラ本体、日本語説明書、取付ネジ類、取付パーツ、リセット用ピン、microUSBケーブルです。

楽天で、ポイントを利用(1,980ポイント)し、2,000円で手に入れました。

2.セッティング開始

購入したのはいいんですが、例によってしばらく眠らせておりました。眠らせていた理由は特にありません^^;

つい最近、カメラの箱に目が留まりまして、そろそろセッティングをしてみようかと重い腰を上げました。

(1) アプリのインストール

日本語の説明書が添付されていまして、これに従いセッティングを実施しました。

始めに、アプリをインストールします。YCC365 PLUS です。

アプリを利用するにはユーザー登録を求められます。当然、会員登録は無料です。

パスワードには、大文字、小文字、数字を最低一つ要求されます。文字サイズは 6-26です。

(2) カメラのセットアップ

① スタートガイドで「+」即ちカメラ追加をタップします。

② 「カメラ」をタップします。

③ 「AP接続」をタップします。

④ カメラに電源を入れます。

⑤ 「設定へ」をタップします。

⑥ 「CLOUDCAM-XXXXXXXX」をタップします。

⑦ Wifi接続を求められるので、SSID と パスワードを入れましょう。

⑧ 1~2分ほどでセッティング完了です。

カメラ名は「寝室」を選択しました。

3.カメラの操作

説明書には、操作の説明が載っていませんので、勝手に操作した結果です。

(1) リアルタイム映像

アプリをスタートさせます。

すると、設定した「寝室」があるので、これをタップします。

現在の寝室のリアルタイム映像が表示されます。

実際の映像です。手が出てきて動いているのがわかりますか?

(2) 監視映像

このアイコンが、監視映像即ち「ビデオを見る」ためのものです。

アイコンを押すことで MicroSD の録画を見ることができます。水色に表示された部分が、動きや音の変化により、録画されている部分を示すようです。操作もスムーズにできます。

(3) 検知通知

動体検知、音声検知がなされた時、これをスマホに通知することが出来ます。

以下が、検知結果の通知されたものです。音声検知や動体検知した際に指定したスマホに送付されます。

以上、カメラを使用してみた結果です。かなり良い出来だと思います。

子供が入っちゃいけない場所に設定するとか、使い道はかなりありそうです。

最後に、設定項目を掲げておきます。

3.設定項目

設定項目は、たくさんあります。

(1) 基本設定

  • タイムゾーン
  • カメラスイッチ ON/OFF
  • カメラオフ時間
  • カメラマイク ON/OFF
  • ブザー
  • 暗視 ON/OFF
  • 画像を180度反転 ON/OFF:吊り下げ用と思われます
  • 追跡昨日 ON/OFF
  • カメラ情報(カメラバージョン、デバイス情報)

暗視機能なんですが、カメラは、このように赤外線を発しているらしい(60爺のカメラでは赤がうまく撮影できませんでした。白く見えている個所は赤い色なんです)。

暗闇と昼の画像は次のようです。

ブザーはかなりうるさいので、自分がいないときに設定した方がよいでしょう。

(2) 共有

カメラを共有したいアカウントのメールアドレスを指定します。

  • カメラ共有

(3) 通知設定

  • 動体検知 ON/OFF
  • 音声検知 ON/OFF
  • 探知測定の感度(低、中、高)
  • 検出エリア
  • 通知設定(通知の受信、通知オフ設定、アプリ通知の受信 ON/OFF)

(4) 保存設定

  • 保存(クラウド管理、SDカード管理)
  • 録画再生(クラウド、SDカード)

(5) ネットワーク設定

  • Wi-Fiネットワークの変更