3本のバッテリーを同時充電可能 tello 充電器使用方法を紹介

1.telloの予備バッテリーについて

tello のバッテリーですが、容量は 1100mAhで、時間にすると最大13分の飛行が可能です。そして、バッテリー本体のサイズは、機体とほぼ同等です。

ライバル機として引き合いに出されることが多い「Mambo」と比較すると、容量は約2倍で、サイズは1.5倍で、その分、最大飛行時間は5分ほど tello のほうが長くなっているそうです。

充電方法は、前の記事(telloを飛ばすためのアプリ設定、Wi-Fiとの接続方法の説明)でも紹介しましたが、本体にセットしたまま本体脇の microUSB から充電することが出来ます。

上述した、飛行時間13分ですが、tello で遊んでいるとあっという間に過ぎ去ってしまいます。ですので、予備の電源は持っていたほうが良いと思います。

予備バッテリーですが、メーカー(DJI)からも発売されていますし、amazonなどを見るとサードパーティー製のものもたくさん売られているようです。

参考の記事では、サードパーティーの品物はバッテリー残量低下時等のフェイルセーフが正常に働くか定かではないという理由で、純正バッテリーを推奨しています。

60爺は以下のバッテリーを購入しました。tello の純正バッテリーです。

2.充電器について

60爺は、上記のように予備バッテリーを2つ購入したことで、バッテリー数は3つになりました。

充電方法ですが、上述した本体にバッテリーを挿入したやり方では1つしか充電できません。このやり方では、バッテリーを購入した意味がありません。

3つ同時に充電するにはバッテリチャージャーが必須です。

バッテリチャージャーにも、メーカー(DJI)純正のものがありますが、amazon などでサードパーティー製のものが複数種類売られています。

60爺は、こちらの製品を購入しました。

Rcharlance DJI Tello バッテリー 充電器 3 in 1 です。

3.充電器の使い方

さて、この充電器ですが、詳しい説明がない(取扱説明書が同梱されていない)ので少々困惑しました。

以下は、充電器が収められていた箱です。

使い方ですが、次のようにすればよいでしょう。

(1) 充電器のスロットにバッテリー挿入

充電器のにある CH1 ~ CH3 のスロットの金属部分に、バッテリーの金属部分を合わせるように挿入します。

バッテリーを3個挿入します。

(2) 充電器の microUSB に電源を投入

充電器の電源入力ポートに電源を投入します。AC/DCアダプターやUSB充電ができますが、60爺は microUSB を使用しました。

(3) LEDインジケータ表示を確認

充電を開始すると、LEDインジケータが表示されます。INP ⇒ CH1 ⇒ CH2 ⇒ CH3 の順に表示されます。

下記動画のように、CH1、CH2、CH3の後に現れる数値は、いずれも、XXV の次に YYA と表示されます。

どうやら、充電中の場合、3.XXの数値が増加していくようです。

対応するスロット(CH1,CH2,CH3)が 4.35V & 0.0A と表示したら充電完了ですので、それまで、しばし待ちましょう。

充電が完了された動画を載せておきます。

1時間程度で充電できます。

※参考
小型ドローン「Tello」の予備バッテリーは必要か