raspberrypi guiからcuiへの切替、ローカルコンソールでの漢字表示解決

シェアする

Pocket

60爺は、raspberrypiでの次の懸念が払拭されましたので、記録を残します。

1.guiからcuiへの切替

(1) GUI から CUI へ一時的に切り替える方法

GUIからCUIに切り替える:Ctrl+Alt+F3
CUIからGUIに戻す   :Ctrl+Alt+F7

(2) RaspberryPiでのGUI及びCUIの設定手順

① raspi-configを起動

$ sudo raspi-config

② メニューから、3 Boot Options をクリック

スタートアップのための環境設定をクリックします。

③ 次に、B1 Desktop / CLI をクリック

デスクトップかCLIでの起動かを決定します。

④ ここで、デスクトップかCLIかを選択しクリックする

デスクトップないしCLIの起動時に、piユーザでの自動起動かユーザがログインするかを決めます。

2.ローカルコンソールでの漢字表示

CUIに切り替えたんですが、漢字部分が■に文字化けして、何が表示されているか、ちっともわからなくなってしまいました。

さて、困ったぞ・・・・。

見つけたのが、解決!Raspberry Piの日本語が四角の文字化けになった時の初歩ミス。

この中で、こう書いてます。jfbtermとは、コンソール画面(真っ黒の操作画面)で日本語を表示する為のソフト。これをインストールしなければ日本語のフォントを入れても文字化けします。

なるほど、・・・。早々、jfbtermをインストールしました。

sudo apt-get install jfbterm

早々に、再ログインしてみましたが、相変わらず文字化けで、さっきと全く変わっておりません??

そうです。jfbtermをインストールして安心していてはいけません。次の作業を忘れずに実行しましょう。

jfbtermを叩いてから起動させる。

で、早々やってみました。

御覧の通り、ようやく、きちんと日本語表示されました。やったね!

参考)日本語設定手順
① Raspi-configを起動して「4 Localisation Options」を選択
② I1 Change Localeを選択
③ ja_JP.UTF-8をチェックしてデフォルト言語に選択
④ 日本語フォントのインストール
  sudo apt-get install ttf-kochi-gothic xfonts-intl-japanese xfonts-intl-japanese-big xfont-kaname
⑤ 日本語を入力するためのメソッドをインストール
  sudo apt-get install uim uim-anthy
⑥ jfbtermをインストール
  sudo apt-get install jfbterm
⑦ jfbtermを叩いて起動させる。

こんな記事もあります。是非、ご覧ください。

ラズパイでpythonを使い、今さらながらLチカなんぞをプログラムした

デモ続行!オブジェクト検出、料理検出を試す vision kit part5

ラズパイでネットワーク接続IP調査とUSBメモリ読込を実行した

スポンサーリンク

シェアする

フォローする