USBカメラを購入した!監視カメラにしてみる・・・?

シェアする

Pocket

1.USBカメラ購入

60爺のRaspberryPi専用カメラですが、師匠50オヤジに見てもらったのですが、再生しなかったこともあり、USBカメラを購入しました。

このカメラを使い、motionを利用して、監視カメラ(定点カメラ)を実現してみましょう。

motionは動画モニタアプリです。
これを使うことで、設定ファイルを触るだけで、ラズパイカメラがいま見てる風景をストリーミング配信でき、その様子をスマホやPCのブラウザから見ることができます。

購入したUSBカメラはこちらです。値段も手ごろです。

【2012年モデル】ELECOM PCカメラ 130万画素 マイク内蔵 コンパクトタイプ ピンク UCAM-C0113FEPN

新品価格
¥1,180から
(2020/2/1 18:26時点)

2.motionのインストールと設定

さて、それでは、サクサクと進めてみましょう。

参考にしたページはこれ。

Raspberry Pi でカメラ

(1) カメラ認識の確認

まず、カメラをUSBに接続した後、認識されているか確認します。

pi@raspberrypi:~ $ lsusb
Bus 001 Device 004: ID 056e:700d Elecom Co., Ltd
Bus 001 Device 003: ID 0424:ec00 Standard Microsystems Corp. SMSC9512/9514 Fast Ethernet Adapter
Bus 001 Device 002: ID 0424:9512 Standard Microsystems Corp. LAN9500 Ethernet 10/100 Adapter / SMSC9512/9514 Hub
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub

メーカが出れば大丈夫らしい。一番上に、ちゃんと、Elecom Co., Ltd が出ていますね。カメラは、きちんと認識されたようです。

(2) motionのインストール&設定

① motioのインストール

それでは、上記ページに従って、実行していきます。

始めに、motionをインストールします。

$ sudo apt-get install motion 

② motionの設定

設定変更を行います。対象は次のファイルです。

/etc/motion/motion.conf

viで、/localhostで見つけて修正しました。

・localhostのみの操作アクセス制限をoffに
webcontrol_localhost on

webcontrol_localhost off

・localhostのみの表示アクセス制限をoffに
stream_localhost on

stream_localhost off

ついでに、次の設定もしちゃいます。

・静止画を保存しない
output_pictures on

output_pictures off

・サイズ
width 640 # 幅
height 480 # 高さ

(3) motionの起動

それでは、ブラウザから見れるかどうか、いざ、確認!

http://XXX.XXX.XXX.XXX:8081/(XXXには、該当のIPアドレスを指定)

あれ、「サーバに接続できません」の表示となってしまいます。???、motion動かすの忘れてる^^;

ちょっと急ぎすぎましたね。起動のコマンドは、2種類あるんですね。

$ sudo motion -c /etc/motion/motion.conf

さー、準備完了。もう一度、ブラウザで実行。

http://XXX.XXX.XXX.XXX:8081/(XXXには、該当のIPアドレスを指定)

出ました。電光掲示板を映し出しています。さて、このカメラで何を監視するか、もう少し考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする