将棋銀河戦の方式を紹介、過去の優勝者一覧、記録、賞金など

シェアする

Pocket

1.銀河戦とは

銀河戦(ぎんがせん)は、囲碁将棋チャンネル主催の将棋のテレビ棋戦を言います。この棋戦も、朝日杯、NHK杯と同じく、双方の持ち時間が少ない早指し戦です。

毎年8月から9月にかけて、決勝トーナメントが行われます。1991年度創設で、2000年から公式戦となりました。

銀河戦は同社のCS放送『囲碁・将棋チャンネル』で毎週火曜と木曜に放映されている他、ネット配信も行われています。

持ち時間は各15分。切れたら1手30秒となるが、別途1回1分の考慮時間が10回まで認められます。

2.参加棋士と賞金

(1) 参加棋士

全棋士と女流棋士2名、アマ4名(アマ王将・準アマ王将、アマチュア銀河戦優勝者、将棋プレミアム杯G1グランプリ優勝者)となっています。

(2) 賞金

いくつか見てみましたが、 非公開になっていますね。棋戦の順位がNHK杯よりも下ですので、賞金額は 500万円以下でしょう。

3.銀河戦のシステム

予選・ブロック戦・決勝トーナメントからなり、ブロック戦以降の対局の模様が「囲碁・将棋チャンネル」で放送されます。

(1) 予選

ブロック戦に出場する棋士を決定するもので、将棋会館で非公開で行われます。但し、次の棋士は予選免除となります。

  • タイトル保持者
  • 前年度決勝トーナメント進出者
  • 順位戦上位者

(2) ブロック戦

A~Hの8ブロックに、各12名の棋士がパラマス形式のトーナメントを戦います。出場順 は女流・アマチュアが1回戦に出場し、その後は順位戦の順位が下位の棋士から順(フリークラス→C級2組→……→A級→名人の順)に出場します。

各ブロックの優勝者と、優勝者を除く最多勝ち抜き者(複数いる場合は、出場順が後の棋士)が決勝トーナメントに出場します。

過去に例はありませんが、1回戦の出場者が優勝したときは、そのブロックからは優勝者のみが出場し、他のブロックの決勝トーナメント出場者を除く最多勝ち抜き者に出場権が割り振られます。

第9期まではA~Dの4ブロックに、各24名(第4期・第5期のみ各12名)の棋士によるパラマス形式トーナメントでした。

(3) 決勝トーナメント

16名による通常のトーナメントです。初戦は、ブロックの優勝者と他のブロックの最多勝ち抜き者が当たるように組まれています。

第9期までは8名によるトーナメントでした。

優勝者には「銀河」の称号が与えられ、次回大会まで番組内では「銀河」をつけて呼称されます。渡辺明が優勝した時には「銀河竜王」という称号になるため本人のブログなどで話題になりました。

4.歴代優勝者

過去10年の優勝者と準優勝者を示します。

  • 17 2009 阿久津主税七段 深浦康市王位
  • 18 2010 佐藤康光九段  丸山忠久九段
  • 19 2011 渡辺明竜王   糸谷哲郎五段
  • 20 2012 羽生善治二冠  阿久津主税七段
  • 21 2013 稲葉陽六段   橋本崇載八段
  • 22 2014 渡辺明二冠   松尾歩七段
  • 23 2015 深浦康市九段  佐藤天彦八段
  • 24 2016 藤井猛九段   広瀬章人八段
  • 25 2017 久保利明王将  羽生善治二冠
  • 26 2018 佐藤天彦名人  行方尚史八段

5.優勝記録

(1) 優勝回数

第26回(2018年度)までの最多回数を示します。

7 羽生善治
4 渡辺明
3 佐藤康光
2 森内俊之、郷田真隆
1 谷川浩司、深浦康市、田中寅彦、阿久津主税、佐藤天彦、
  稲葉陽、藤井猛、久保利明

(2) 連覇

連覇は、羽生善治が2度(1997-1998、2000-2001)達成しています。公式戦となってからは、2000-2001の羽生のみです。

(3) 最年長・最年少・最低段

最年長優勝は、藤井猛の46歳(第24回)。最年少優勝は、渡辺明の21歳5ヶ月(第13回)。最低段優勝は、稲葉陽の六段の優勝(第21回)となっています。

郷田真隆は、第1回の優勝者ですが、その際の年齢が21歳6ヶ月で渡辺明と1ヶ月違いで最年少記録を逃しています。

また、稲葉陽は、この勝利で昇段規定の「六段昇段後全棋士参加棋戦優勝」を満たし、収録日の2013年8月16日付で七段に昇段しました。

人気の将棋セット 新桂5号折将棋盤と天然木製将棋駒【鈴花堂オリジナル駒の動き方カード付】

新品価格
¥3,670から
(2019/3/1 15:15時点)

6.第27回銀河戦の状況

現在、ブロック戦の最中です。

何と言っても目に付くのはアマチュアの快進撃ですね。何とAブロックで折田翔吾アマが窪田七段まで破り、7連勝を達成しました。

折田翔吾アマは、決勝トーナメント進出も決定しています。どこまで勝ち進めるでしょうか?

折田アマは元奨励会員で、三段リーグまで昇りましたが、2016年に年齢制限で退会しています。その後、2017年の第34期アマ王将戦で準優勝し、銀河戦への参加資格を得ました。

日本将棋連盟 銀河戦から抜粋

Gブロックでも、木村孝太郎アマが4連勝しました(5回戦で増田康宏六段に敗れました)。その他にも、Cブロックで森村賢平アマが1勝しています。

これで、アマの成績が現在12勝2敗ですよ。いやー、すごいですね。

過去には、第9期で瀬川晶司アマ(アマ含めて段位は対局当時、以下同)が7人抜きを果たし、決勝トーナメントへ進出したことがあります。

さらに、第12期(2003-2004年)では、ベスト8に入り、瀬川がプロ入りを嘆願するきっかけとなっているんですね。

女流棋士は、里見香奈女流四冠と渡部愛女流王位が、1回戦で敗れてしまいました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする