藤井聡太叡王防衛か?2023年度叡王戦!日程から見どころまで総特集

2023年2月4日

叡王戦というと将棋の8大タイトルの中で序列が4位のタイトルです。

あの藤井聡太叡王(竜王・五冠)は現在叡王2期のタイトルホルダーとして挑戦者決定を待つ身です。王将戦を防衛した後、3月19日、棋王を奪取し、最年少六冠に輝いています。

藤井叡王(竜王・五冠)は、広瀬章人八段とのプレーオフに勝ち、名人戦挑戦を決めています。

この記事では、藤井叡王(竜王・六冠)の叡王戦防衛に向け、2023年の叡王戦の日程や、叡王戦とは何か、叡王戦本線トーナメントの状況など、見どころを総特集しちゃいます!

是非、ご覧になってくださいませ。

スポンサーリンク

第8期叡王戦五番勝負

藤井叡王3勝1敗で叡王を防衛。叡王3連覇なる!

対局者/局数第1局第2局第3局第4局第5局
藤井聡太叡王
菅井竜也八段

第1局は、振り駒の結果、藤井叡王が先手となり、147手で藤井叡王の勝ちとなりました。終局時刻は18時16分。消費時間は、▲藤井4時間0分、△菅井3時間53分。

第2局は、115手で菅井八段が勝ちました。終局時刻は17時56分です。消費時間は、▲菅井3時間33分、△藤井4時間0分。

第3局は、163手で藤井叡王が勝ちました。終局時刻は18時57分です。消費時間は両者3時間を使い切る激闘でした。途中までは、菅井良しの局面もあったようですが、チャンスを生かしきれませんでした。

第4局は、二度の千日手の後、90手で藤井叡王が勝ちました。藤井叡王は、3勝1敗で叡王を防衛し、3連覇となりました。

第8期叡王戦五番勝負日程及び会場予想

第8期叡王戦五番勝負の日程は次の通りです。

  • 【第1局】4月11日(火)東京都千代田区「江戸総鎮守 神田明神」
  • 【第2局】4月23日(日)愛知県名古屋市中区「名古屋東急ホテル」
  • 【第3局】5月 6日(土)愛知県名古屋市東区「か茂免」
  • 【第4局】5月25日(日)岩手県宮古市「浄土ヶ浜パークホテル」
  • 【第5局】6月17日(土)千葉県柏市「柏の葉 柏の葉カンファレンスセンター」

昨年の第7期(2022年度)叡王戦五番勝負の日程・対局会場は次の通りでした。

  • 【第1局】4月28日(木)東京都千代田区「江戸総鎮守 神田明神」
  • 【第2局】5月15日(日)愛知県名古屋市中区「名古屋東急ホテル」
  • 【第3局】5月24日(火)千葉県柏市「三井ガーデンホテル柏の葉 柏の葉カンファレンスセンター」
  • 【第4局】6月12日(日)愛知県名古屋市東区「か茂免」
  • 【第5局】6月19日(日) 京都府京都市上京区「全国天満宮総本社 北野天満宮」

一昨年の第6期(2021年度)叡王戦五番勝負の日程・対局会場は次の通りでした。

  • 【第1局】7月25日(日)東京都千代田区「江戸総鎮守 神田明神」
  • 【第2局】8月3日(火)山梨県甲府市「常磐ホテル」
  • 【第3局】8月9日(月・祝)愛知県名古屋市東区「か茂免」
  • 【第4局】8月22日(日)愛知県名古屋市中区「名古屋東急ホテル」
  • 【第5局】9月13日(月)東京都渋谷区「東京・将棋会館」

第6期は、コロナの影響で日程がずれています。例年、名人戦と並行に行われていますので、第一局は4月に行われます。

ここ2年間は、「江戸総鎮守 神田明神」で行われていますが、今年はどうなるでしょうか?

第二局以降も、最近の藤井人気で立候補されるホテルが多いようですが、それも楽しみですね。

過去の会場を見ていると、藤井竜王(五冠)の地元名古屋で2局が予定(名古屋東急ホテル、か茂免)されていましたが、今年もそうなるでしょうか?

昨年はストレートで決着がついてしまったので、第四局、第五局の会場はがっかりしたと思います。今期の
後半の会場の方々は、一方的な展開になららないよう、やきもきしているんでしょうね。

会場が決定次第、会場についての詳細をお知らせしますが、以下に、昨年の会場について、少々、解説しておきます。

第一局会場について

江戸総鎮守 神田明神

正式名称・神田神社。 東京の中心ー神田、日本橋、秋葉原、大手丸の内、旧神田市場、豊洲魚市場、108町会の氏神様です。
「明神さま」の名で親しまれております。

引用 神田明神 御神徳

対局室は、明神会館で行われました。

第二局会場について

名古屋東急ホテル

2021年の叡王戦五番勝負第4局も、ここで開催され、2年連続の対局開催となりました。

場所は、名古屋の中心・栄、広小路通りに面しており、地下鉄栄駅12番出口から徒歩5分にあり、非常に便利です。

以下、ホテルの公式サイトにもありますように、ヨーロピアンテイストの気品漂う空間で、くつろぐことができそうです。

<ヨーロピアンエレガンス>をコンセプトに、瀟洒なインテリアでまとめられたゲストルームは564室。いずれのお部屋も、ゆとりのスペースと落ち着いた色調のインテリアに爽やかな気品を漂わせて、深いくつろぎをご提供いたします。また、エグゼクティブフロアにご宿泊のお客様だけにご利用いただける特別な空間「エグゼクティブ ビジネスサロン」ではVIPの皆様に相応しいおもてなしをお約束いたします。

引用 名古屋東急ホテル

第三局会場について

か茂免

か茂免は、愛知県名古屋市にある老舗の料亭です。

か茂免は先代船橋秀一が小倉から出てまいりまして、昭和3年に中区島田町にて河豚・鳥の水炊き専門店として出発。
昭和10年に中区園井町に移転、昭和20年に戦災、昭和23年1月に 中井氏のご好意でこの地で営業を再開させて頂き、現在に至っております。

引用 白壁・か茂免について

創業後は移転や戦災などがあり、現在の地は尾張徳川家の中級武士である安藤十次郎の邸跡に、京都の紙問屋・中井洋紙の店主が別邸として建てたものです。

名古屋を代表する格式ある料亭として幅広い層に利用されているようです。

第6期叡王戦第三局の会場でもありました。

第四局会場について

浄土ヶ浜パークホテル

宮古湾を望む木々に囲まれた丘に建つモダンな高級ホテル。浄土ヶ浜から徒歩 10 分、宮古駅から 6 km。

叡王戦では、初めてとなる会場ですね。

第五局会場について

柏の葉 柏の葉カンファレンスセンター

第三局は、三井ガーデンホテル内にある「柏の葉カンファレンスセンター」で行われました。

2014年7月にオープンした「柏の葉ゲートスクエア」の中心部に位置する当施設は、同じ建物内にホテル、徒歩圏内に商業施設や多数のレストラン、先進的なオフィスが展開しています。現在も研究拠点や商業施設の開発が進んでおり、イベント利用と連携できる機能がより一層、広がっています。

引用 柏の葉カンファレンスセンター

つくばエキスプレス(TX)の柏の葉キャンパス駅から徒歩2分と交通至便の立地にあります。ゴルフ場跡地に作られたそうで、学園都市化が話題を呼んだ街として知られています。

以下、三井ガーデンホテル柏の葉の情報です。パンフレットから抜き出しました。天然温泉のあるホテルです。

「機能性」と「快適性」を両立した環境にも人にも優しいホテル。
“柏の葉ゲートスクエア”で心地よい寛ぎの時間をお楽しみください。

引用 三井ガーデンホテル柏の葉

叡王戦について

叡王戦は次のような棋戦です。

2015年度にドワンゴ主催で一般棋戦として第1期が開始され、2017年度の第3期からタイトル戦に昇格した一番新しいタイトル戦です。
なお、2020年10月20日、ドワンゴが叡王戦の主催契約を解除することが発表されました。そして、10月29日、第6期から不二家と日本将棋連盟の共同主催となることが発表されました。
同時に、商標は日本将棋連盟に譲渡し、タイトル戦は五番勝負(第三期から第五期は七番勝負)となっています。

引用 将棋叡王戦の方式の紹介と賞金及びスポンサーの変更

叡王戦は、まず、段位別予選があり、予選を通過した棋士が、決勝トーナメントを戦い、優勝した棋士が挑戦者となります。前期の叡王と五番勝負を行います。

そして、タイトルホルダーの叡王と五番勝負を行い、次期叡王が決まるのです。詳細は次の記事をご覧ください。

そして、ここ3年間の戦績(☆:勝、★:負、持:持将棋、左側の棋士から見た勝ち負け)を見てみましょう。

  • 第5期(2020年)豊島将之名人☆持持★★☆★☆☆永瀬拓矢 奪取(七番勝負)
  • 第6期(2021年)藤井聡太二冠☆★☆★☆豊島将之叡王 奪取
  • 第7期(2022年)藤井聡太叡王☆☆☆出口若武六段 防衛
  • 第8期(2023年)藤井聡太叡王☆★☆ 菅井竜也八段

叡王戦で防衛したのは、藤井聡太叡王のみです。叡王戦での成績は、8勝3敗(.727)と非常に高い勝率を挙げています。

今期も防衛が成るでしょうか?それとも、挑戦者が奪取するでしょうか。藤井叡王は夢の八冠達成のためにも負けられない所です。

対局視聴方法

昨年は、abemaTVにて無料で対局を見ることが出来ました。

今期も同様に、abemaTVにて無料で対局を見ることが出来ます。

また、叡王戦中継サイトから中継ブログを見ることで、途中経過を確認できます。

日本将棋連盟の棋戦一覧から叡王戦を選択しましょう。

叡王戦中継サイトをクリックすると、「叡王戦中継サイト」に入ることが出来ます。

このページの下に行くと、中継ブログに「中継ブログを見る」がありますので、クリックすることで中継ブログを確認できます。現時点では、第7期第三局の中継ブログが確認できますよ!

棋譜チェックの方法

こちらも、上記「対局視聴方法」と同じで、叡王戦中継サイトから棋譜を見に行けます。

日本将棋連盟の棋戦一覧から叡王戦を選択しましょう。

叡王戦中継サイトをクリックすると、「叡王戦中継サイト」に入ることが出来ます。

このページの下に行くと、棋譜中継に「棋譜を見る」がありますので、クリックすることで棋譜を確認できます。現時点では、第7期第三局の棋譜が確認できますよ!

藤井聡太叡王と本戦トーナメント上位者の対戦成績

藤井聡太叡王と、現在、ベスト8まで勝ち上がった棋士の対戦成績を見ておきましょう。

  • 服部慎一郎五段 対戦なし ベスト8で敗退
  • 本田奎五段 対戦なし ベスト4で敗退
  • 菅井竜也八段 5勝3敗 挑戦権獲得
  • 佐藤天彦九段 7勝1敗 ベスト8で敗退
  • 山崎隆之八段 1勝1敗 ベスト4で敗退
  • 近藤誠也七段 6勝1敗 ベスト8で敗退
  • 三浦弘行九段 3勝1敗 ベスト8で敗退
  • 永瀬拓矢王座 11勝5敗 挑戦者決定戦で敗退

8名中6名とはすでに対局しています。指し分けは山崎隆之八段で、残りの5名には勝ち越していますね。服部慎一郎五段、本田奎五段とは対戦がありません。

挑戦者との対戦成績

挑戦者・菅井竜也八段との対戦成績を示します。手番、勝敗は、藤井叡王から見たものです。

年度日時藤井肩書手番勝敗菅井肩書期・回棋戦名備考1
202323/5/25竜王八段第8期叡王戦第4局
202323/5/6竜王八段第8期叡王戦第3局
202323/4/23竜王八段第8期叡王戦第2局
202323/4/11竜王八段第8期叡王戦第1局
202222/08/10竜王八段第81期順位戦A級 2回戦
202020/07/18棋聖八段第41回日本シリーズ本戦 1回戦
202020/04/10七段八段第61期王位戦白組 3回戦
201920/03/31七段八段第91期棋聖戦本戦 2回戦
201920/01/19七段七段第13回朝日杯本戦 1回戦
201919/05/31七段七段第32期竜王戦4組 ランキング戦 決勝
201818/09/03七段王位第44期棋王戦本戦2回戦
201717/08/04四段七段第67期王将戦一次予選 決勝

対戦成績は、藤井竜王の8勝4敗となりました。先手では3勝0敗と負けがありませんが、後手は5勝4敗と拮抗しています。

本戦トーナメントの状況

既に述べましたが、ベスト8が決定しています。

この8名の棋士の準々決勝の結果は、次のようになりました(☆:勝ち、★負け)。

  • ★服部慎一郎五段 vs 本田奎五段☆ 2月6日
  • ☆菅井竜也八段 vs 佐藤天彦九段★ 2月13日
  • 山崎隆之八段 vs 近藤誠也七段★ 2月16日
  • 三浦弘行九段 vs 永瀬拓矢王座☆ 2月24日

準決勝は、以下の組み合わせです。

  • 本田奎五段 vs 菅井竜也八段☆ 3月6日
  • 山崎隆之八段 vs 永瀬拓矢王座☆ 3月13日

王位を獲得したこともある菅井八段とタイトル保持者である永瀬王座が決勝に勝ち上がりました。対局は3月16日(木)です。

  • 菅井竜也八段 vs 永瀬拓矢王座★ 3月16日

後手番でしたが、菅井八段が132手で勝利し挑戦権を獲得しました。

60爺

タイトル戦で和服を着ない永瀬王座には勝ってほしくないんですが・・・。
やっぱり、タイトル戦は和服で対局して欲しい。序列が高い棋士は、和服は着づらいとか言わずに着慣れるべきだと考えます。
私見ですが、ホッとしました。番勝負が楽しみです。

おまけ:おやつの情報

タイトル戦と言えば、10:00と15:00に出される「おやつ」が話題ですよね。

第8期叡王戦での「おやつ」を集めてみました。

日時前後藤井叡王菅井八段
第1局2023年4月11日午前たっぷり苺のショコラタルト、和紅茶(アイス)洋菓子屋さんの抹茶の苺大福、チョコバナナタルト、アイスコーヒー
午後洋菓子屋さんの抹茶の苺大福、白葡萄ジュース多良間島産黒糖と宇治抹茶のダブルミルクレープ、赤葡萄ジュース
第2局2023年4月23日午前「コロコロうさちゃん」とアイスコーヒーチョコバナナタルト、アイスコーヒー
午後チョコバナナタルトとオレンジジュース「多良間島産黒糖と宇治抹茶のダブルミルクレープ」とオレンジジュース
第3局2023年5月6日午前「カントリーマアム チョコまみれムースケーキとアイスコーヒー」「生ミルキー、アイスコーヒー、オレンジジュース」
午後「ペコパフ(メロン)」と「ふじすりおろしアップルジュース」「国産フルーツのプリンショート」と「「冷たい緑茶、ふじすりおろしアップルジュース」
第4局2023年5月25日午前「不二家厳選あんみつ(国産天草寒天使用)」と「アイスコーヒー」「ハイカカオチョコタルト」と「アイスコーヒー」
午後「宇治抹茶のバウムクーヘン」と「アイスレモンティー、川井ペリーラ(赤しそのジュース)」「不二家厳選あんみつ(国産天草寒天使用)」と「コーラ(氷なし)」

第1局初日の藤井叡王のおやつは「たっぷり苺のショコラタルト、和紅茶(アイス)」でした。

第2局午前の藤井叡王のおやつは、「コロコロうさちゃん」ですか。また、可愛い系に行きましたね。午後は、菅井八段が午前に頼んだチョコバナナタルトですね。

将棋の勝敗はもちろんですが、こちらからも目が離せませんね。

スポンサーリンク

最後に

さて、挑戦者が菅井八段と決まりましたが、藤井聡太叡王(竜王、五冠)の2023年叡王戦について記事を書いてしまいました。

叡王戦の日程も決定し、あとは開幕を待つだけです。会場は、前期、前々期に続き、総鎮守神田明神に決まりました。

振り飛車の挑戦者を迎えるのは、藤井竜王(六冠)も初めてです。好勝負を期待しましょう。そろそろ、藤井旋風を止める棋士が出てきてもいいと思います。

それに合わせて、おやつも興味津々です。不二家がどんなおやつを用意しているでしょうか?今年は、叡王戦で提供されるケーキを食べてみるつもりです。

スポンサーリンク
この記事を書いた人

60爺

60路を越え、RaspberryPi と出会い、その関係でブログ開設(2017/2~)となりました。始めてみると、コツコツやるのが性に合ってしまい、漢字の記事から家の補修・将棋・windows10関係・別名・言い方などジャンルを拡大して今に至ってます。まだまだ、元気なので新たな話題を見つけて皆様に提供できればと思っています。

将棋

Posted by 60爺