草冠に部と書いて蔀!意味・読み方から苗字での使われ方まで総特集

2023年4月22日

60爺

安倍晴明を知っていますか。平安時代に実在した陰陽師です。

安倍晴明には色々な逸話が残っています。今昔物語に、「晴明邸は、式神が使われており、人もいないのに、蔀戸がひとりでに上がったり下がったり、門が自然に閉まったりと不思議なことが多かった」とあります。

さて、この文中にある「蔀戸」にある「蔀」が、60爺にターゲットオンされました。現在、書き進めている「草冠に○○」シリーズに適合する漢字であります。

それでは、草冠に部の蔀について、意味・読み方から名前での使い方まで総特集しちゃいます。

ご一緒に内容を見に行きましょう~。

スポンサーリンク

草冠に部といえば蔀!漢字の読み方や全体像をまずはチェック

最初に、蔀の意味と読み方を明確にしましょう。

蔀の読み方と意味

画数 :14画
音訓:ホウ しとみ おおい

①しとみ。日光や風雨をさえぎるための戸。②おおい(おほひ)。ひかりをおおいさえぎるもの。③暦法の単位。「一蔀」とは、76年のこと。
日本語だけの・用法
(難読)蔀 しとべ・しもと・ひとみ

参考:上級漢和辞典 漢字源 学研

音読みは「ほう」です。訓読みは2つあります。「しとみ」は冒頭で出た「蔀戸(しとみど)」の読みです。もうひとつは「おおい」ですね。

意味については、広辞苑を引いてみました。

①寝殿造の邸宅における屏障具の一つ。格子組の裏に板を張り、日光をさえぎり、風雨を防ぐ戸。はじめは1枚板。多くは上下2枚に分かれ、下1枚を立て、上1枚は金物で釣り上げて採光用とし、これを釣蔀または半蔀(はじとみ)という。また、屋外にあって垣の用をなし、室内にあって衝立(ついたて)の用をなすものを立蔀(たてじとみ)という。訛って「ひとみ」とも。
②船で、飛沫・光線を防ぐための戸。
③築城で、城外から見え透く所を塞ぎおおう塀・土居など。

引用 広辞苑

広辞苑の①のは、まさに、漢字「蔀」での意味①を指していますね。下の写真は、川越にある「喜多院慈眼堂」の蔀戸です。

川越喜多院慈眼堂の蔀戸

広辞苑の意味②、③は、漢字「蔀」での意味②の「覆い」を具体的に示しています。船で、飛沫・光線を防ぐための戸や築城で、城外から見え透く所を塞ぎおおう塀・土居などを指すことがわかりました。

漢字「蔀」での意味③ですが、古代中国の暦法に四分暦(太陰太陽暦の1種)という暦があり、この中で、「一蔀」が76年を表しているんです。

それでは、次に、蔀の書き順をみてみましょう。

草冠に部を順に書けばOKです。

60爺

間違えようがありませんね。

スポンサーリンク

もっと詳しく知ろう!蔀の漢字としての由来や成り立ち

まず、字源をみてみましょう。

蔀=「部(ほう)ぴたりとあてる」+「艸(くさ)」(形声※)。明かり窓にぴったりとあてがうむしろ。

引用 上級漢和辞典 漢字源 学研

形声※
漢字の六書(リクショ)の一つ。発音を表す文字と、意味を表す文字とを組み合わせて、新しい文字を作る方法。

「部」は、ある事態をそうではないと否定することから、「二つに分ける」というイメージを表す記号でした。このイメージが「二つがくっついて並ぶ」というイメージに転化したんです。

そこから、上記に示す「ぴたりとあてる」意になったんですな。

蔀のつく言葉

蔀のつく言葉を紹介します。

蔀のつく言葉読み意味
蔀板しとみいた船の蔀で常には取りはずしておくもの。
蔀金しとみがねしとみのかけがね。
蔀釣りしとみづり商家の前面上方に取り付けた化粧梁。昼間、戸を釣り上げておくためのもの。
蔀戸しとみど①蔀①の意に同じ。②商家の前にはめ込む2枚の横戸。昼は蔀梁の内方に設けた戸決とじゃくりに納めおき、夜だけおろして戸締りとする。ひとみ。
蔀橋しとみばし廊下のように屋根を設けた橋。
蔀梁しとみばり商家の柱の上部に取り付けた梁。内方に戸決とじゃくりがあって、揚戸あげどを納め置く。
蔀屋しとみや蔀で囲った仮屋。弁内侍日記「―より見渡したれば」

参考:広辞苑

60爺

蔀のつく言葉ですが、漢和辞典に載っていないので、広辞苑から拾ってきました。

現代では、蔀はあまり見ない漢字のため、ここにある言葉もなじみがないというのが現実かなあ。

次は、名前に使われる際のポイントを見にいきましょう~。

苗字に使われる際のポイントは

この蔀という漢字は、人名に使うことのできない漢字です。

そこで、蔀を持つ苗字を見ていきます。まず、「蔀」一文字の苗字を見ていきましょう!

【名字】蔀
【読み】しとみ,しどみ,ひとみ,しもと,つかさ,つぼみ,とべ,おおい
【全国順位】 5,730位
【全国人数】 およそ1,700人
参考資料 名字由来net

読みが全部で8つもあります。今まで見てきた中での最多記録でしょう。

全国で、およそ1,700人もいます。全国順位も5,730位と4桁の順位ですね。今まで見てきた苗字は人数が2桁から3桁だったので、かなり人数が多い苗字と言えそうです。

都道府県別に見てみましょう。

都道府県人数
茨城県およそ580人
大阪府およそ160人
熊本県およそ140人
東京都およそ130人
神奈川県およそ80人

参考資料 名字由来net

この5都府県で、およそ1,090人ですから全国の60%強ですね。残りの4割、およそ700人が他の道府県に散らばっている計算です。

最後に、「蔀」に他の文字を付加した苗字を見てみましょうか。

上蔀(うわしとみ)、半蔀(はじとみ)

参考資料 「蔀」を含む名前・人名・苗字(名字)

二つしか見つかりませんでした。蔀の読みは「しとみ」と「じとみ」です!

最後に

草冠に部で蔀ですが、この漢字は現在ではあまり見かけないのではないでしょうか。というのも、この蔀、あまり使われないモノだからです。

意味については、内容を読んだだけでは「ふーん」という漢字だったと思います。広辞苑の内容を引っ張ってきましたが、この説明がないとよくわかりませんでしたよね。

蔀のつく言葉も複数挙げましたが、これらの言葉をご存知だという方は少数だと感じました。

それでも、苗字の「蔀」さんは、そこそこの人数がいらっしゃいました!

今回の漢字は、現在では余り使われないモノでしたが、次回ではどうなるでしょうか。

草冠の漢字

Posted by mizutan