再びダイエット挑戦!1週間で4.4kg減量成功!

シェアする

Pocket

このところ、体重の戻りが著しい(何と 76.8kg まで戻ってしまった)ため、再度、体重増を抑えるべく、久々にダイエットを実施しました。

今回は、原点に戻って、【7日間脂肪燃焼ダイエット】が示す内容に忠実に従って実施してみました。

その結果、何と!

1週間で 4.4kg の減量に成功しました!

3週間ぶりのダイエットでしたが、今までのダイエットの中で最高の結果を出すことができました。

ここに、その過程を記録に残します。ご覧になってください。

ご参考いただき、あなたも、夢のダイエットを可能にしてください。

さて、それでは、【7日間脂肪燃焼ダイエット】のページを見直し、レシピに従い、忠実に実行していきましょう。

60爺の以前のダイエットの記事はこちら→ダイエットでみるみる痩せる方法とは?7週間で7.4kg減量!

1日目 ☆バナナ以外の全てのくだものとスープだけの日

   水分は水か甘味料の入ってないフルーツジュース

バナナ以外のくだものということで、りんご、柿、洋ナシを用意してくれました。洋ナシは、ちょっと硬めです。

スープは、味噌味にしてもらいました。味噌味が一番落ち着きますね。
水分は水と、このストレートジュースです。

嫁さんは、水しか飲めないのがつらいと申していますが、60爺は、ジュースがいくらでも飲める(そんなに飲めないが・・・)ので問題ありません。

昼食です。メニューは朝と一緒です。

こちらが夕食です。メニューは変わり映えしません。

このダイエットの一番の難点は、いくらでも食べてよいというスープだと思います。いくら食べてもいいといっても、人間ですので秋が来ることですね。

さて、注目の体重です。風呂の後測ると、75.6kg です。

初日は、1.2kg 減で上々の滑り出しです!

2日目 ☆スープと野菜だけの日

  • 満腹するまでスープに他の野菜を入れて食べてください。
  • 野菜は生でも煮てもOKただしバターや油は使用しない。
  • 今日一日頑張ったご褒美に夕食にベイクドポテトを食べてもOK。(少量のバ ター可)
  • ※豆、スイートコーンはダメ ★今日は絶対くだものは食べない

野菜を食べられる日です。嫁さんが煮野菜をたくさん用意してくれました。

ごぼう、玉ねぎ、ニンジン、大根、小松菜です。

これらを、そのまま食べるより、スープに投入した方が食べやすいですね。

水分は、指定がないので、水の他に、お茶やコーヒー(当然糖類抜き)を飲むことが出来ます。嫁さんは、お茶を飲みながら、ホッとしています。

こちらは昼食です。

夜には、ベイクドポテト(写真中)が許されます。やっぱり、炭水化物が入った食品はうまいです。

今日の体重は、74.5kg に減少しました。

1.1kg 減(2日で2.3kg 減)で昨日とほぼ同じ位の体重減です。

まあ、いつも前半は良いので、油断しないように継続します。

3日目 ☆1日目、2日目のコンビネーション

スープ、果物、野菜を好きなだけ食べましょう。(ただしベイクドポテトはダメ)
もし、あなたが指示通り行っていたら2~3キロすでに減量してるはずです。

昨日の野菜に加え、3日目は果物を取ることが出来ます。

昨日と同様、煮野菜をスープに投入して食べます。スープが主体ですので、そんなに食べられないのですが、1杯だけは頑張って食べます。

リンゴ、柿が登場したので、こちらにも箸を付けます。糖度保障のみかんもいただきました。甘くておいしいです。

本日は、残念ながらフルーツジュースが飲むことが出来ません。水とお茶を飲みます。

本日は、60爺が出勤の日でした。お弁当にスープと果物、野菜を持っていきました。写真は残念ながらありません。

夕食も同様です。

恒例の風呂の後の体重です。

おお、73.7kg と出ました。0.8kg 減(3日で 3.1kg 減)ですね。

3日間の平均体重減は 1.03kg なので、いいペースです。

4日目 ☆スープとバナナの日

  • バナナ3本と無脂肪ミルク(スキムミルク)500mlとできるだけ多く水を飲んでください。
  • スープは好きなだけ食べてよい。

バナナはカロリーと炭水化物が高くミルクも同様です。
しかし、4日目になると体には、炭水化物、たんぱく質、カルシウムが必要になります。
これは甘いものへの欲求を減らさせる効果があります。

この日は、スープの他に、バナナ3本、無脂肪ミルク 500ml が指定された数量です。

そのため、毎食バナナを1本、無脂肪ミルクは、朝食 100ml、昼食 200ml、夕食 200ml としました。

朝は100ml

昼食です。スープは、小さな皿なので2杯飲みます。

ミルクは200mlです。

夕食です。
ミルクは200mlです。

60爺は、夕食に無脂肪ミルクが減るのが嫌だったのでこうしましたが、嫁さんは、朝、昼と 200ml 採って、夕食時 100ml としていたようです。長女は、朝、昼取らず、夕食に 500ml 採っていたようです。

ダイエットレシピにもありますが、4日目になると体には、炭水化物、たんぱく質、カルシ ウムが必要で、バナナはカロリーと炭水化物が高くミルクも同様なのだそうです。

そのせいか、過去のダイエットでも、4日目になると体重の減少が下がってきます。今回はどうでしょうか?

73.1kg でした。0.6kg の減少で悪くない数字です。

4日間トータルの体重減は 3.7kg で、1日平均で見ると、0.925kg になっています。残念ながら、1kg を割り込みました。

その割には、空腹で、明日の朝食(肉が食える!)が待ち遠しいです。

5日目 ☆肉とトマトの日

  • 350g~700g程度の赤身の牛肉、又は鶏肉、煮魚でも可。
  • 最大6個のトマトを食べましょう。スープも最低一杯は食べましょう。
  • 体から尿酸を排泄させるため6~8杯の水を飲むようにしてください。

肉が食えます!うれしいです。

今日は、3日目に続き、60爺の出勤日でした。このため、嫁さんは、肉を焼くのに、4:00起きしてくれました。感謝の気持ちしかありません。

朝は、スープに牛肉をいただきました。それと、トマトを食べました。最大6個と書いてあります。朝は、2個くらい食べたかな・・・。

昼は、スープと牛肉、トマトをお弁当として持っていきました。トマトは1個分に満たないくらいです。

昼休みに完食!

尿酸排泄のため6~8杯の水を飲めと書いてありますね。茶を1杯持ってきましたが、その他に会社備え付けの水サーバの水をもっと飲みましょう!

夕食も、スープに牛のお肉をたくさん食べました。トマトも頑張って食べます。お腹がいっぱいになるまで食べました。久々の満腹です。

こんなに食べて、大丈夫であろうか?体重に影響しそうな気が・・。

結果、大きなリバウンドを記録してしまいました。

何と、73.7kg と 0.6kg 体重が増加してしまいました。

5日間のトータルでは、3.1kg の減と、3日目と同様の数字になってしまいました。平均体重減は、0.62kg と格段に悪い数字になっています。

ちょっとショックです。

19:00過ぎに帰宅して、食事を摂り、21:00前に体重を測っていますので、まあ仕方のないところかもしれません。

いつもは、17:30前後に食事を摂っていますので。

6日目 ☆牛肉と野菜の日

  • 好きなだけ食べてもいいです。(2~3枚のステーキOK)。
  • 但しベイクドポテトは食べない
  • スープも最低一杯は食べましょう。

本日は、昨日と同様、お肉を食べてよい日です。ただし、昨日は、リバウンドしてしまい、ちょっと残念でした。

本日は、スープに野菜を入れて食べます。朝食です。

昼食です。

夕食です。スープのカップが小さくなっています。さすがに飽きてきました。

さて、注目の体重ですが!

72.9kg!0.8kg落ちました!

6日間のトータルでは、3.9kg の減で、平均体重減は 0.65kg と少し持ち直しました。

ついに、72kg台に突入しました。ダイエットは明日で終了です。さすがに、71kg台は難しいかな?

7日目 ☆玄米を食べる日

  • 玄米、野菜、甘味料の入らないフルーツジュースを飲みましょう。
  • スープも最低一杯は食べましょう。

ついに、ダイエット最終日を迎えました。

本日は、玄米とフルーツジュースを飲むことができます。

朝食には、レシピにはありませんが海苔を食べてしまいました。

昼食です。こちらも、掟破りの梅干を食します。

スープには、ニンジンと小松菜を入れています。

ダイエット最後の食事となる夕食です。

朝食と同様、海苔を食べます。また、スープには、昼食と同じく、ニンジン、小松菜を投入しました。

さあ、最後の体重測定です。

72.4kgとなりました。トータル4.4kg減量です。

トータル 4.4kg の減です。平均体重減は 0.63kg となりました。

5月から続けている本ダイエットですが、過去最高の4.4kg減で終了しました。

始めた時の体重が、76.8kgだったので手放しで喜べませんが、12月の健康診断までには、もう一段絞って望みたいと思います!

※注意事項

実は、60爺ですが、ダイエット前日、ワインを飲んでしまいました。

上記で示した、このダイエットのページの禁止事項の2項にこう書いてあります。

アルコールを飲んでる場合は24時間経ってから初めて下さい

今回のダイエットでは、結果的に、過去最高の結果を残すことができましたが、アルコールを取らなかったら、もっと素晴らしい結果を出せたかもしれません。

皆様は、くれぐれも、禁忌に触れることなく実践をお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする