Panasonicパーソナルファクス KX-PD603DLのインクフィルム交換を実施

1.FAX印刷途中でインク切れ発生

60爺の家の電話機は、Panasonicパーソナルファクス KX-PD603DL です。この機種は、親機に受話子機が1台付属するものです。

親機は、60爺の書斎に、子機はリビングに設置しています。

この度、いつもは表示するだけだった FAX の内容を印刷することになり、印刷を開始したのですが、3ページを印刷中にインクフィルムの交換が必要となりました。

この時、印刷途中にもかかわらず用紙が吐き出され強制終了してしまいました。「エーッ!」っていう感じでした。

さて、どうしよう。幸い、交換用インクフィルムは購入しているものが手元にありました。

2.取扱説明書を確認すると

今回、印刷していた FAX の内容は大事なものであり、内容を全て出力しないとちょっと困ってしまう状況でした。

そこで、パーソナルファクスの取扱説明書を引っ張り出してきました。

ところが目次を見ても、インクフィルム交換についての説明が見当たりません。こりゃ困った!

すると見開きページに、「インクフィルムを交換する」という項目がありました。そこには、「バックカバーを開けると操作を案内します。」とあります。どうやら、音声で説明をしてくれるみたいです。

まずは、バックカバーを開けてみましょう。

3.インクフィルム交換の手順

インクフィルム交換の手順は以下の通りです。

  • 操作パネルを開ける
  • バックカバーを開ける
  • 使用済インクフィルムと白い軸取出し
  • 新しいインクフィルムセット

(1) 操作パネルを開ける

液晶画面や数字ボタン等のある操作パネルを開きます。

右端にある取っ手(番号3の右側)を手前に引けば開けることが出来ます。

(2) バックカバーを開ける

右側にあるレバーを上に上げることで、バックカバーを開けることが出来ます。

バックカバーを開けると音声案内が始まります。

(3) 使用済インクフィルムと白い軸取出し

インクフィルム交換時は、手前にインクフィルムが巻き取られたオレンジの軸と、奥に白い軸があります。これらのふたつの軸を取出しましょう。

(4) 新しいインクフィルムセット

交換用のインクフィルムを箱から取り出します。説明書と、ビニールに入れられたインクフィルムがあるはずです。

FAX を見ると、オレンジ軸を入れる箇所への注意書きがあります。

ここにオレンジ軸を入れましょう。さらに、白い軸を奥のくぼみに入れます。

オレンジ軸を矢印方向に回して、フィルムのたるみを取ります。

これで完了です。バックカバー、操作パネルを閉じて印刷を再開しましょう。

今回の印刷フィルムの交換では音声案内をほとんど聞かず、交換用フィルムに添付されていた説明書を見て実施できました。

基本的に難しいところはないと思います。

予備として新しい交換用フィルムを購入しておいてください。まあ、余り印刷をしないのであれば急ぐ必要はないと思いますが・・・。