簡単にできる!安い工具で腕時計の金属バンド長さ調節に挑戦

1.腕時計の不満

60爺が使用している腕時計は、「CASIO LINEAGE LIW-100TDJ」です。

一昔前に購入したものですので、カシオのHP(LINEAGE)に行っても、この型番は出て来ない(後継機は、LIW-120DEJ かな?)ですね^^;

この腕時計はソーラー+電波時計です。そのため、メンテナンスフリーです。電池交換や時間調整などは不要で非常に快適です。

この時計を購入してから大分時が経っていますが一つだけ不満があります。

金属バンドがちょっと、緩いんです。

最近、頑張ってダイエットしたか関係もあって、腕時計の間にこんな感じで空間があります。

ですから下記の写真のように、ぐるっと一回転して時計の表示面が引っ繰り返ってしまいます。

これは困ります!

2.金属バンド長さ調整に挑戦

そこで、バンドの部品をいくつか外して丁度良い長さにしようと考えました。

まず、「時計のバンド調節方法」を参照したところ、バンドの種類で調整方法に違いがあることがわかりました。

どうやら、60爺の「CASIO LINEAGE LIW-100TDJ」は、ピン式バンドのワリピンタイプと思われます。

下記のバンドのうち、矢印のある部分が外せるようです。

バンドを外すためには専用の工具が必須です。そこで、早々購入しました。何と、204円と非常にお安い買い物でした!

工具を見ていくと、バンドの調節だけでなく、いろいろなものがありますが、まずは、お安いもので挑戦してみます。

3.バンドのピンを押し出す

さて、それでは、バンド調節を開始します。説明書がついていないので、やり方を模索していくしかありません。

方向は、金属バンドに矢印が付いているので、その方向めがけてやればいいはずです。

手順を示します。

(1) 腕時計を工具にセット

まずは、工具のスペースに腕時計のバンドを置いて固定します。

工具のハンドルを反時計回りに回してバンドのスペースを作ります 。

(2) 工具のピンと腕時計の穴を合わせる

工具のピンと、腕時計のピンの穴を合わせます。腕時計のバンドにある矢印とピンの位置は微妙にずれていますのでよく見て実施しましょう。

ピンと穴が合っていない状態で、ハンドルを回すとピンが折れます! 60爺は、ピンを1本折っちゃいました(泣)。

(3) 時計のピンを押し出す

後は、工具のハンドルを回して、腕時計のピンを押しだすだけです。ハンドルを時計回りに回します。

4.バンド調節

このようにピンが押し出されました。うまく合わせると、意外なほど簡単にピンの押し出しができます。

同様のやり方で、ピンを2本押し出しました。

ピンを抜き出して、ベルトの一部を外すことが出来ました。ピンの抜出にはラジオペンチを使用しました。

今度は取り付けです。ピンを穴にさして合わせます。

ピンを押し込みます。

ピンの頭がちょこっと出ていますね。

最後はラジオペンチでぎゅっと押し込みましょう。

5.うまくいきました!

最初の緩さが取れました。

もう、一回転して時計の表示面が逆側に回ることはないでしょう。

DIYで驚くほど簡単にバンド調節ができます。わざわざ、時計店に持っていく手間もありません。

ちょっと、お時間の空いた時にでも挑戦してみませんか。