SMTP Mailerでwordpressからメール送信を可能にした

1.WP Mail SMTPでエラー発生

以下の記事を参考に、wordpress プラグイン WP Mail SMTP をセッティングして、しばらくの間 Gmail が問題なく使用できていたのですが、先日、何故か使用できなくなってしまいました。

WordPressのメール送信にGmail(Gsuite)を使う方法【2020年最新】

wordpress の上部に、WP Mail SMTP に!マークがついています。また、設定を見に行くとエラーメッセージが・・・。

そこで、上記記事にあるように Gmail API の認証情報を確認した後、 Authorization の右側にあるボタンをクリックしたところ、Google で承認エラー(エラー 403: access_denied)が表示されます。

こうなると、もう 60爺の手には負えません。粘るのは止めて WP Mail SMTP は無効化してお蔵入りにしました。

2.SMTP Mailer セッティング

次に、こんな記事を見つけたので、プラグイン SMTP Mailer を使用して Gmail のメールアドレスの再セッティングに挑戦しました。

SMTP Mailerでスパム判定回避。WP Mail SMTPで発生する送信エラーも対応

次の手順で実施しました。

  • SMTP Mailer をインストールして有効化します。
  • 上記の記事に従い Gmail の設定をします。
  • セッティング後、テストメールを送信します。

テストメールを送ったところ、Google から、「XXXXXXXX@gmail.com の重大なセキュリティ通知」が送られてきました。

Google は最近セキュリティに力を入れているということで、その関係でメールが送れない可能性があります。

こうなっては、gmail を使用するのは難しいと感じたので方針を変更します。即ち、Gmail は諦めて、60爺が別に使用しているメールアドレスを使用してセッティングしてみます。

セッティング内容は次の通りです。

SMTP Host SMTP server 名
SMTP AuthenticationTrue
SMTP Usernameメーラーから指示されたユーザ名
SMTP Password上記パスワード
Type of EncryptionNo Encryption
SMTP Port587
From Email Addressメールアドレス
From Name任意(60爺は ’60jiji’ としました)
Disable SSL Certificate
Verification
チェック無し

この内容で Save Changes をクリックして入力内容を確定したのち、Test Email を送信したところ、正しくメールが送られることを確認できました。

上記の設定に至るまで、Type of Encryption の設定において TLS や SSL を試したり多少試行錯誤はしたものの、何とか無事にメールを送る設定ができてホッとしています。

ちなみに、60爺が使用したメールアドレスですが、メールサービス会社から与えられた SMTP Username と Email Address は全く違う値でした。

また、Type of Encryption を TLS や SSL にした場合、エラーが発生しましたが、上記にあるように「No Encryption」にしたところ、無事にメールを送ることが出来ました。

Gmail ではセキュリティが高くてうまくいかない方、メールサービス会社から異なる SMTP Username、Email Address が与えられた方は、こちらのプラグインを試してみてください。

驚くほど簡単に設定が終わりますよ!