魚へんに秋と書いて鰍を総特集【読み方・意味・生態・レシピなど】

2023年5月19日

今回は、シリーズものに育てている「魚へんに○○」を題材にします。

60爺

○○の部分を何にしましょうか?

最近、まだ春も終わっていないのに、日本列島は、そこかしこで30℃を越える地域が出て、もう真夏日って感じですが。

そこで、魚へんに夏にしようと思ったんですが、・・・木へんに夏という漢字が、な、ない!・・・・・・仕方がないので、一つ季節を送って・・・。

魚へんに秋の「鰍」を対象に選びました。

魚へんに春で鰆ってのは知っていますが、60爺も知らない魚へんに秋の「鰍」で、読み方・意味・生態・レシピなどを総特集しちゃいます。

ご一緒に見ていってくださいませ。

スポンサーリンク

魚へんに秋といえば鰍!漢字の読み方や全体像をまずはチェック

最初に、鰍の意味と読み方を明確にしましょう。

鰍の読み方と意味

画数 :20画
音訓:シュウ どじょう(日本語だけ)いなだ かじか
意味
どじょう。魚の名。ドジョウ科の淡水魚。ドジョウ(泥鰌)。
日本語だけの意味
①いなだ。ブリの幼名。②かじか。魚の名。カジカ亜目の魚の総称。主にきれいな清流の水底にすむ。海にすむものもいる。カジカ。

参考:上級漢和辞典 漢字源 学研

この漢字の音読みは「シュウ」、訓読みは「ドジョウ」ですね。意味は、訓読みと同じ「どじょう」です。

日本語では「いなだ」あるいは「かじか」を指します。いなだは海水魚で、かじかは淡水魚です。全く違う魚を指すのは何故なんだろう?

次は、書き順をみます。

魚と禾と火を順に書けば終わりです。魚は、5,6の順を逆にする方もいらっしゃるかと思います。縦棒(5)が先なんですね。

スポンサーリンク

もっと詳しく知ろう!鰍の漢字としての由来や成り立ち

日本語の意味にある「かじか」の由来ですが、この魚、昔々、鳴くと思われており、声が河鹿(カジカガエル)に似ているからだそうです。

また、その容姿を見て、「かじ」は瘡(かさ 皮膚がかさかさした皮膚病)のようだから付けられ、最後の「か」は魚名語尾なんだそうです。

鰍の漢字を解析します。

鰍=「秋(シュウ)ぐっと引き絞る・締まって細い」+「魚」(形声※)。

引用 上級漢和辞典 漢字源 学研

形声※
漢字の六書(リクショ)の一つ。発音を表す文字と、意味を表す文字とを組み合わせて、新しい文字を作る方法。

「ぐっと引き絞る・締まって細い」ところから、中国ではドジョウを指すようになったのかと勘案いたします。

「いなだ」=「稲田」⇒田んぼに稲が生える時期にだいたいそのサイズになるから、そう呼ばれたみたいですが、そのサイズになるのが秋だから、漢字は「魚」+「秋」になったのではないかと。

「かじか」については、産卵から夏に荒食いし、脂がのった時期が秋であるため「魚」+「秋」となったと言われています。

鰍って、どんな魚

60爺

ここで見る魚は、中国で示す「どじょう」ではなく、日本語だけの意味の中から「かじか」を見ていきたいと思います。

かじかは日本の固有種で、スズキ目カジカ科に属しています。分布をみると、北海道南部以南の日本各地に生息しています。

地方では、(ハゼ科の魚とともに)ゴリ、ドンコと呼ばれることもあるようですね。

全長1mほどのものが多いが、最大2.2mに達する。体は他のウナギ目魚類同様に細長い円筒形で、体色は茶褐色で腹部は白く、体表にがない。体側には側線がよく発達し、肛門は体の中央付近にある。ウナギ目の中では各ひれがよく発達していて、背びれは鰓蓋の直後、尻びれは体の中央付近から始まって尾びれと連続する。胸びれも比較的大きい。

引用 wiki カジカ

カジカ種群には、生活史や形態的・遺伝的特徴が異なる集団が存在しますが、まだ、分類については定説がありません。

山地の渓流などの上流域、また、中流域から下流域にかけて生息しており、石礫中心の川底を好み、水生昆虫やアユなどの魚、底生生物などを食べています。

かじかの利用は次の通りです。

見た目は悪いが、とても美味な魚とされる。日本各地で食用にされ、汁物、味噌汁・鍋料理や佃煮、甘露煮などにして食される。代表的なものに石川県金沢市の郷土料理「ゴリ料理」。
汁物や鍋料理で利用され「なべこわし」と称されるカジカ科魚類は、海産のトゲカジカやケムシカジカであり、本種ではない。

引用 wiki カジカ

かじかのレシピ

レシピはやはり、クックパッドですよね。かじかを使ったレシピが盛りだくさんです!どれもこれも、とてもおいしそうですけど。

60爺が食べたい料理を、勝手に見繕ってみました。

やっぱり、魚は煮付けからいってみますか。

60爺

煮付けに続いて、鍋、塩麹焼き、かじか汁、唐揚げと私の好きな料理が並びましたよ!

最後に

魚へんに秋で鰍を、「魚へんに○○」のシリーズに加えました。

こちら、中国本土ではドジョウの意味なんですな!で、日本語の意味はとみると、「いなだ」と「かじか」なんですよ。又もや、海水魚と淡水魚に分かれてしまいました!

60爺

私は、かじかを食べたことは・・・ないとおもいます。ちょっと見た目があれなんですけど、美味らしいですな!

どんな魚なのかについては、かじかを俎上に挙げて解説させていただきました!本文に入れなかったんですけど、この魚も個体数が減少しているとか。

レシピは、クックパッドからですが、皆旨そうなレシピを持っているんですな。料理が出来たらチャレンジしたいんですが、現時点ではチャレンジのつもりはありませんネ^^;

漢字

Posted by mizutan