防カビくん煙剤のデメリット!実際に困ったポイントを3つご紹介

2024年2月4日

皆さんは、毎日入力なされていますか?この時期、湯船でお湯につかると温まって疲れも取れますね。

ただ、お風呂は水場ですし、ちょっと掃除をさぼると、あの嫌なカビが生えてきます!

60爺

そうなると最悪、生えちゃったカビを取るのは大変です!

そこで、登場するのが、「防カビくん煙剤」です。

これ、今まで、複数の記事を書いていますが、これを炊くだけで、お風呂がいつまでもキレイになります。

過去記事でも言っていますが、非常に良いモノなんですが、デメリットもあるんですよ。

この記事では、防カビくん煙剤のデメリットを中心に添えて記事にしました。この煙剤をもう2024年で既に10年以上使用している60爺が解説します。

どうかデメリットを知って煙剤をお使いください。

スポンサーリンク

防カビくん煙剤のメリット

デメリットを言う前に、防カビくん煙剤のメリットを述べておきます。

以前は、浴室の床に黒カビらしきものが生えたのですが、この煙剤を使い始めてから、カビが全く生えてこなくなりました。

防カビくん煙剤は、煙を風呂場全体にいきわたらせカビ菌を除菌してくれるため、カビを発生しにくくしてくれます。

ここ10年使用していますが、その効果をひしひしと感じています。

防カビくん煙剤は、カビに困った60爺を助けてくれた救世主です。

いろいろ言う方もいますが、リフォームしてから10年以上経っても、我が家のお風呂はカビ知らずです!

防カビくん煙剤のデメリット

それでは、本題に入りましょう!60爺が感じた防カビくん煙剤のデメリットを見てください。

防カビくん煙剤のデメリットとは

60爺が感じた防カビくん煙剤のデメリットは次の3つです。

  1. 使用後の臭いが強烈
  2. 時間がかかる
  3. カビを除去する効果はない

カビを恒久的に防げるメリットを考えれば、多少のデメリットは受け入れようと思っています。

これら3点のデメリットについて、ちょっと解説しましょう。

使用後の臭いが強烈

防カビくん煙剤ですが、使用後30分の換気が必須なんですが、それでも煙剤の臭いが残るほど強烈です。

徹底的に換気したと思っても、それでも臭いを全部消すことは出来ません。

60爺の長男は、当初、この臭いがダメで、この薬を散布した日は風呂に入れないほどでした。

現在は、たとえばミントの香りがついた商品もあるので、そちらを試してみたらいいと思います。

しかし、たとえ、臭いが多少残ったとしても、カビがはえないという点は絶対的なメリットですので、是非、使ってみましょう。

時間がかかる

防カビくん煙剤の実施時間は90分、即ち、1時間30分です!さらに、換気に最低30分必要ですので、都合2時間が必要です。

この時間、長いと感じるか短いと感じるかは人それぞれだと思いますが、1日の12分の1の時間がかかります。

煙剤の効果を定着させ、臭いを薄めるのに必須です。

ですから、煙剤を使う場合は、ある程度の余裕をもって実施しましょう。

カビを除去する効果はない

防カビくん煙剤には、カビを除去する効果はありません。

60爺

ですから、既に生えてしまったカビには効果がないんですよ。

その点は残念なんですが、説明書にも、その旨、書いてありますので、生えているカビは、煙剤を使う前に除去が必要です。


防カビくん煙剤は危険なのか?

防カビくん煙剤は、煙が噴き出すし火災の心配はないのか、人体に害はないのかなどと心配する方もいるでしょう。

この件に関しては、既に記事にしております。

この記事の中で、「防カビくん煙剤は危険ではありません!」と結論を出しています。

上述しましたが、次の3点に絞って安全性を確認しました。

  • 人体に害はないのか
  • 勢いよく煙が出ると、「なぜ煙が出るのか?」「火は出ないのか?」などと不安
  • 防カビくん煙剤の煙で「火災報知器はならない?」と心配

これらに関しては全く問題がありません。詳細は、次の記事をご覧ください。

防カビくん煙剤の使い方

防カビくん煙剤の使い方はとっても簡単です。

  1. お風呂の掃除
  2. 容器への水の注入
  3. 薬剤をセット
  4. 煙出力確認
  5. 換気の徹底

以上の5つの手順で煙剤の使用は終了です。

これを、一定期間ごとに実施することで、お風呂はピッカピカですよ。

上記5つの詳細手順は、こちらの記事を参考にしてください。

なお、防カビくん煙剤使用後の缶は、お住いの自治体の区分に従って捨てましょう。

防カビくん煙剤の使えないお風呂?

防カビくん煙剤の使えないお風呂があるらしいとの噂があります。

それは、リクシル(LIXIL)アライズ。

「防カビくん煙剤はお風呂のコーティングが剥がれてしまう可能性がある」、リクシル(LIXIL)の担当から言われたそうです。

うーん、真偽はわからんのですが、特定のバスルームの素材に対して予期しない反応が起きるんですかね。

お風呂が「リクシル(LIXIL)アライズ」シリーズの方は、リクシル(LIXIL)に詳細をご確認ください。

最後に

防カビくん煙剤のデメリットについて述べました。

デメリットは3つです。

「使用後の臭いが強烈」、「時間がかかる」、「カビを除去する効果はない」ですが、まあ、やむをえないと思って使用しています。

お風呂がキレイに保てるので、両者を天秤にかけても防カビくん煙剤を使った方がいいと判断しています。
風呂掃除はめっちゃ大変ですからね。

皆さんも、このデメリットを理解して使用を検討してください。

スポンサーリンク
この記事を書いた人

60爺

60路を越え、RaspberryPi と出会い、その関係でブログ開設(2017/2~)となりました。始めてみると、コツコツやるのが性に合ってしまい、漢字の記事から家の補修・将棋・windows10関係・別名・言い方などジャンルを拡大して今に至ってます。まだまだ、元気なので新たな話題を見つけて皆様に提供できればと思っています。

家の補修

Posted by 60爺